CATEGORY

NBA

ブルズとビリー・ドノバンが強豪チームになるための4つのトピックス

現地時間9月22日、ビリー・ドノバンがシカゴ・ブルズの新ヘッドコーチに就任したというニュースが入ってきました。これはブルズとブルズファンにとって非常に嬉しいニュースです。 ビリー・ドノバンがサンダーと契約延長しないことが報道されてからは、彼をヘッドコーチにリストアップしていたチームも多かったはずです。 今回はブルズがビリー・ドノバン体制になってどのようなチームを作っていくのか。現在のロスターにテコ […]

ジュルー・ホリデーとディンウィディーのトレード話とスタッツの比較

このブログは Larry Brown Sportsの9月18日の記事を基にしています。 ネッツのディンウィディーとペリカンズのホリデーのトレードの噂が出てきました。どちらも残りの契約が軽いのと、実力とサラリーが釣り合っていないことからお得な選手として常にトレードの噂が絶えません。 ネッツはアービングとデュラントのデュオに3人目のスターを加えることがずいぶん前から噂されていますし、ペリカンズもプレー […]

ウェストブルックとデローザンはニューヨークに行くのか?

というわけで今回はまたclutchpointの記事を広げていきます。この写真はclutchpointsのものですが、記事の内容はBleacher Reportを中心にまとめたものです。 常にスター選手の獲得が噂されるニックスですが、ウェストブルックの他にもヤニス・アデトクンポ、フレッド・バンブリート、デマー・デローザン、クリス・ポール、ザック・ラビーンなどを狙っていると報じられています。 昨シーズ […]

ウェストブルックとエリック・ゴードンはトレードされるのか?

今シーズンはカンファレンスセミファイナルで敗退したロケッツ。それに伴ってマイク・ダントーニが契約延長しないことも先日発表になりました。ロケッツはこの4年間でハーデンを中心にした超攻撃的なスタイルやスモールラインナップでNBAファンを楽しませてくれました。 ロケッツがオフシーズンにすべきことはヘッドコーチの選任と、現在のロスターの変更でしょう。 というわけでまずはロケッツの新ヘッドコーチについて興味 […]

ウォーリアーズがジュルー・ホリデーを狙う?

今回は少し前になりますが、ニューオリンズ・ペリカンズのジュルー・ホリデーをウォーリアーズが獲得するのでは?という記事が出ていたので、掘り下げていきたいと思います。 ホリデーといえば、過去に2回オールディフェンシブチームに選出されるほどのリーグ屈指のディフェンダーですが、2019/20シーズンのオールディフェンシブチームの選考からは漏れてしまいました。そのことで複数の選手から不満の声が挙がっていたこ […]

クリス・ポールのためのシクサーズの3つのトレードパッケージ

今回も『NBA Analysis Network』のBrad Berreman氏のタイトル通りの記事を深掘りしていきます。 前回バックスがクリス・ポール(以下CP3)獲得のために用意できるトレードパッケージという内容をアップしましたので、今回はシクサーズ編です。早速見ていきたいと思います。 トバイアス・ハリスを使ったトレード シクサーズ獲得:クリス・ポール(残り2年8,586万ドル)、テレンス・フ […]

クリス・ポールのためにバックスが用意できる3つトレードパッケージ

今回は『NBA Analysis Network』のBrad Berreman氏のタイトル通りの記事を深掘りしていきます。 クリス・ポール(以下CP3)は今シーズンの活躍もあって評価が急上昇しました。実際にオフシーズンにCP3の獲得を噂されるチームは名前が挙がっているだけでも、ウォーリアーズ、シクサーズ、バックスなどの強豪を中心に様々です。 今回は、CP3を獲得して戦力アップを試みたいチームの中か […]

ビリー・ドノバンHCのサンダーの5シーズンを振り返る

2020年9月8日(日本時間9日)にオクラホマシティー・サンダーがビリー・ドノバンヘッドコーチと契約延長しないというちょっとびっくりするニュースが入ってきました。 ビリー・ドノバンは2015年の4月にサンダーのヘッドコーチに就任し、5シーズンでレギュラーシーズン243勝157敗、勝率(.608)、プレーオフでは18勝23敗という成績を残しています。 就任してから5年間すべてでチームをプレーオフに導 […]

ウォーリアーズの2位指名権はトレードされる可能性が高い

2019/20シーズンのウォーリアーズはカリー、トンプソンなどのケガ人の続出によって、15勝50敗と大きく負け越してしまいました。しかしそれによってドラフトロッタリーでは1巡目2位指名権を獲得しました。 今回はその2位指名権がトレードされるという可能性が高いという話を追っていきたいと思います。 2位指名権をそのままドラフトするという選択について ウォーリアーズが2位指名権をそのままドラフト指名する […]

スパーズがネイト・マクミランとマイルズ・ターナーを獲得すべき理由

今回は『airalamo.com』のイーサン・ファリーナ氏、『nbaanalysis.net』の2020年1月のエヴァン・マッセイ氏、2021年8月31日のジェイク・ロジャース氏の記事3本を元ネタにブログを書いていきます。 ネイト・マクミランのペイサーズヘッドコーチとしての成績について というわけでネイト・マクミランのペイサーズヘッドコーチとしての成績について共有します。先日の8月27日にペイサー […]

オラディポの3つのトレード案と新ヘッドコーチ候補について

今回はペイサーズのビクター・オラディポがトレードされるだろうという内容の記事と、ペイサーズの新しいヘッドコーチ候補についてまとめていきます。 元ネタは『8points9seconds.com』の9月10日の記事です。 オラディポにトレードの噂が絶えない理由 ペイサーズはプレーオフで5年連続ファーストラウンドで敗退し、ヘッドコーチのネイト・マクミランを解雇しました。しかもこのマクミラン体制での直近の […]

ジャマール・マレーとドノバン・ミッチェルの歴史的死闘を振り返る

ナゲッツとジャズの1stラウンドは歴史に残る戦いの末、ナゲッツが勝利しました。試合後にジャマール・マレーとドノバン・ミッチェルが健闘を称えあう姿には胸が熱くなりました。 Respect pic.twitter.com/OyinUjvhiv — Michael Lee (@MrMichaelLee) September 2, 2020 今回はそんなナゲッツ対ジャズのエース対決を振り返ると […]

シクサーズの2013年~2020年までのドラフト・トレード情報まとめ

2019/20シーズンもプレーオフ敗退となったフィラデルフィア・76ers。豊富なタレントを擁しながら昨年のカンファレンスファイナル進出を下回る結果となってしまいました。 そこで今回は、近年のシクサーズがこれまで行ってきたドラフトやトレードの実績を振り返りながら、今後どのような方針でチーム運営を行なっていくのか、現地メディアの報道を基に検証していきたいと思います。 ブレット・ブラウンHC 2013 […]

ミネソタ・ティンバーウルブスが1位指名権でできる3つのこと

8月20日(日本時間21日)のドラフトロッタリーで1位指名権を獲得したミネソタ・ティンバーウルブス。抽選会にはディアンジェロ・ラッセルが参加していましたね。 https://twitter.com/i/status/1296613675923472389 この1位指名権を巡って現地のサイトや専門家が誰を指名すべきか、またはトレードする案も多数挙がっていたのでまとめていきたいと思います。 元ネタは『 […]

未来の明るいサンズと先行き不安なキャブス

まず今回のタイトルについてですが、キャブスファンの方、ごめんなさい。 今回は『HOOPSHYPE』の8月19日の記事に面白いものを見つけたので取り上げてみることにしました。 記事の内容は、今シーズンプレーオフを逃した14チームの内、「このチームの未来は明るいか、そうでないか」という視点で紹介したものです。 未来が明るいか、そうでないかの基準は、現在のロスターの状況やチームのサラリーキャップが数年先 […]

スパーズがオフシーズンにすべき5つのアクション

スパーズの2019/20シーズンは残念ながら終わってしまいましたが、シーディングゲームは楽しませてもらいました。 これからオフシーズンに突入するわけですが、これからスパーズがやっておかなければならない行動5つを紹介します。 ポポビッチHC体制の継続 23シーズン連続プレーオフ進出記録とはならなかったものの、5回の優勝を誇るポポビッチはやはり名将で、スパーズー=ポポビッチと言っても過言ではないでしょ […]

ブルズがドラフトで狙うべき選手

ブルズは8月14日にボイレンHCの解任を発表しました。まだ新しいヘッドコーチも決まっていませんが、10月16日の『NBAドラフト2020』のロッタリー順位や現地メディアではどんな選手を指名するか予想する記事を追ってみました。 早速ドラフトの指名順位とロッタリー抽選確率について紹介します。 ブルズの2020ドラフト指名順位とロッタリー抽選確率について 『tankathon』からデータを引っ張ってきま […]

シーディングゲームTOP10プレーヤーカウントダウン

先日NBAシーディングゲームのMVPと1stチームと2ndチームが発表になりましたが、今回は『HOOPSHYPE』が選んだシーディングゲームTOP10プレーヤーを紹介します。 1st、2ndチームに入っていない選手もいるので興味深いです。それは紹介していきます。 10.マイケルポータージュニア スタッツ: 22.0得点, 8.6リバウンド, 1.6 アシスト, 42.2 3P% ケガで出遅れたポー […]

リラードかブッカーか?バブル内でMVP争いが過熱

NBAはシーディングゲームズで活躍した選手たちを称えるNBAオールシーディングゲームズチームとNBAプレイヤー・オブ・ザ・シーディングゲームズを選出することを発表した。 選出方法は7月30日(同31日)から8月14日(同15日)の間に行なわれるシーディングゲームの中から、現地で取材をしている記者や放送関係者などのメディアによって決定される。 NBAは8月11日に(日本時間は8月12日)、シーディン […]

NBAコーチ陣のドレスコードが緩和されている件について

NBAはシーズン再開後のヘッドコーチ、アシスタントコーチ達のドレスコードをフォーマルスタイルから、ポロシャツやスニーカーなどにドレスダウンしてもいいというルール改正を行ないました。 普段はフォーマルなスーツにネクタイ、ドレスシューズの着用が義務付けられているコーチ達も、今回のドレスダウンに好意的なコメントを残しています。 そこで今回はオーランドバブル内のコーチ達の着こなしや好意的なコメントを残して […]

NBA選手が半月板断裂の怪我をしたら復帰までどのくらいかかるか?

メンフィス・グリズリーズのジャレン・ジャクソンJr.が、8月3日(日本時間4日)に行われたニューオーリンズ・ペリカンズ戦で左膝の半月板を断裂したため、“今季残り試合を全休するとチームが4日(同5日)に発表した。 https://nba.rakuten.co.jp/news/4783 またもショックなニュースが入ってきました。「膝の半月板を断裂」ってかなり深刻そうな感じがします。そこで過去にもNBA […]

NBA選手が前十字靭断裂の怪我をしたら復帰時期はどのくらいか?

8月2日(日本時間3日)のキングス戦で左膝前十字靭帯断裂という大怪我を負ってしまったマジックのジョナサン・アイザック選手。今回は今後どのくらいで試合に復帰できるのかを調べていきたいと思います。 詳しくはこちらのニュースをご確認ください。 https://www.sportingnews.com/jp/nba/news/jonathan-isaac-torn-acl/1blten5594ptf1t1 […]

シクサーズにいるとスリーポイントシュート成功率が下がるのかを調べてみた

今回はシクサーズのコミュニティーサイト、『SB NATION』の中から面白いものを見つけたのでピックアップしてみました。 Daniel Olinger氏という学生兼ライターの人が2020年8月2日に発信したもので、「どんな選手もシクサーズにいるとスリーポイント成功率が下がるのに、他のチームに行くと成功率が上がる選手が多い」と現状を嘆く内容です。 ことの発端はマブスに移籍したトレイ・バークがロケッツ […]

シーディングゲームの76ers戦でペイサーズのTJ・ウォーレンが躍動

ペイサーズが127対121で76ERSを破ってシーディングゲーム初戦に勝利しました。この試合で大活躍したTJ・ウォーレンはキャリアハイの53得点、スリーポイントも9/12の確率で決めました。 今回はそんなTJ・ウォーレンのこれまでのキャリアを振り返ってみたいと思います。 フェニックス・サンズ時代 2014年にドラフト14位でサンズに指名されたウォーレンは、5シーズンをサンズで過ごし、レギュラーシー […]

アーロン・ゴードンのトレード先とトレードパッケージはどこだ

オーランド・マジックのアーロン・ゴードンはNBA入りして6シーズン目の24歳。マジックのフランチャイズプレーヤーとしてリーグの顔になるような活躍を期待されていますが、今シーズンはスタッツ的にも過去3シーズンワーストで、チームが望むような成長曲線を描けていません。 今シーズンに入るとゴードンにはトレード話が挙がっていて、具体的にはスパーズのデローザンとのトレードが噂されていました。 そこで今回はマジ […]

オフにザック・ラビーンを狙うと噂される4チーム

複数のチームから獲得を熱望されているシカゴ・ブルズのザック・ラビーン。 今回はオフにラビーン獲得を目論んでいると噂される4チームを紹介していきます。 1.ニューヨーク・ニックス 何かと話題の絶えないニックスですが、『ESPN』の記者によると、クリス・ポールやデヴィン・ブッカー、ドノバン・ミッチェルが獲得リストに挙がっているようです。 その中でもザック・ラビーンはサラリーが比較的安いことから本当に獲 […]

スティーブ・カーのキャリアを振り返る

というわけで今回は、今シーズンプレーオフを逃してしまったウォーリアーズのヘッドコーチ、 スティーブ・カーについて深堀りしていこうと思います。 まず結論からいうと疑いようもないほど偉大なコーチです。 今回はスティーブ・カーの選手時代から引退後のキャリアを振り返っていきます。 選手時代 1988年、ドラフト50位でフェニックス・サンズに指名されて選手としてのキャリアをスタート。 サンズ→キャブズ→マジ […]

ボル・ボルの活躍に注目

ウィザーズとナゲッツの練習試合を先程観終わりましたが、もともとのこの試合のお目当ては、オフェンスのファーストオプションになると噂の八村選手と、減量に成功したヨキッチの仕上がり具合でした。 2人とも体のキレも良く、再開に向けて仕上がってきてるなといった印象です。 嬉しい誤算?というかナゲッツのボル・ボルのNBAデビューを観られたことは良かったと思います。正確には公式戦ではないのでデビューとは言えませ […]

『ESPN』と『The Ringer』の記者が予想するMIP賞

というわけで今回でこのシリーズは最後にしようと思います。『ESPN』の専門家20人が投票したMIP賞の結果と、『The Ringer』Dan Devine記者の記事と照らし合わせながら深堀していきます。早速投票結果を見ていきます。 ちなみにMIPは、NBA最成長選手賞(NBA Most Improved Player Award NBA MIP)のことで、前年度の成績と今年度の成績を比較して、最も […]

『ESPN』の専門家と『The Ringer』の記者が予想するNBAシックスマン賞

というわけで今回も『ESPN』の専門家20人が投票したシックスマン賞の結果と、『The Ringer』Dan Devine記者の記事と照らし合わせながら深堀していきます。早速投票結果を見ていきます。 『ESPN』の専門家20人の投票結果(予想) モントレズ・ハレル(クリッパーズ)9票 デニス・シュルーダー(サンダー)7票 ルー・ウィリアムズ(クリッパーズ)4票 MVPや新人王などの他の主要部門と比 […]

『ESPN』の専門家が予想する2019/20シーズンのNBA最優秀ヘッドコーチ賞

というわけで今回は『ESPN』の専門家20人が投票した最優秀ヘッドコーチ賞の結果と、『The Ringer』Dan Devine記者の記事と照らし合わせながら深堀していきます。早速投票結果を見ていきましょう。 『ESPN』の専門家20人の投票結果(予想) ニック・ナース (ラプターズ)15票 マイク・ブーデンホルザー(バックス)2票 フランク・ボーゲル(レイカーズ):2票 ビリー・ドノバン(サンダ […]

スリム化したカーメロはスモールフォワードで活躍できるか?

  https://twitter.com/trailblazers/status/1283192087329099777?s=20 — Portland Trail Blazers (@trailblazers) July 15, 2020 というわけで、今シーズンは約2シーズンぶりのNBAということもあって、ややぽっちゃり気味に見えたカーメロですが、シーズン中断中にスリム化に成功した […]

レイカーズがオフシーズンにキャップスペースを空ける方法

『YARDBARKER』の Sean Keane氏が7月8日に発信した記事が面白かったのでそれを元ネタにブログにしていきたいと思います。内容を要約すると、レイカーズがオフシーズンに補強するためには、現在充分なキャップスペースがなく、クズマとドラフト29位指名権のパッケージを軸にトレード先を模索することを提唱しています。 気になるトレードパッケージの内容は カイル・クズマ2年$8.8M エイブリー・ […]

おすすめのFA選手ボーガットとファリード

※NBAは海外でプレーしている選手を感染症を引き起こすリスクがあるため、再開後のリーグに参加できないと発表しました。 残念ですが仕方ありません。来シーズン以降にNBAで彼らの活躍が見られることを期待しています。 今回は『FANSIDED』のAaron Kellerstrass氏の記事で「ペリカンズにおすすめのFA選手2名」を挙げていたので掘り下げていきたいと思います。   ちなみに6月3 […]

ナゲッツのGM、カルビン・ブースってどんな人?

デンバー・ナゲッツが7月7日(日本時間8日)にこれまでアシスタントGMを務めていたカルビン・ブースを新たにGMに昇格させることを発表しました。ナゲッツは前GMであるアルトゥラス・カルニショバスが4月にシカゴ・ブルズのバスケットボール運営部門代表に就任したことで、後任を探していました。 元のニュースのリンクを貼っておきますので併せてご覧ください。↓ https://www.sportingnews. […]

『The Ringer』が選んだ2019/20シーズンのシックスマン賞候補5人

というわけで、今回は今シーズン主にベンチから出場してゲームの流れを変えるいわゆるシックスマン賞候補に注目していきます。 元ネタである『The Ringer』の Paolo Uggetti 氏の記事では彼らを’Microwave Players‘’という表現をしています。おそらく短時間で効果的に活躍する選手だからなんでしょう。 そんなベンチから出場してすぐに活躍する選手5人をカウントダウン方式で紹介 […]

スーパースターデュオに最適なFA選手7人

今回は数あるNBAのスーパースターデュオに「2020年にFAになる選手をもう一人加えたら大幅な戦力アップになるはず。」という組み合わせを7つ紹介していきます。元ネタはブリーチャーリポートです。早速行きましょう。 1.エンビードとシモンズのデュオにゴラン・ドラギッチ 出典:Joe Skipper / Associated Press 76ersはベン・シモンズをポイントガード以外で使うオプションも考 […]

G.アデトクンポがマッチアップした選手達のフィールドゴール成功率について

    というわけで今回はヤニス・アデトクンポがマッチアップした選手達のフィールドゴール%をどのくらい抑えられているか?という視点でブログにしてみようと思います。 前回ダニエル・タイスのディフェンス力を調べていたら、そもそも最近のNBAはセンターとかパワーフォワードとかポジションを分ける必要があるのかと疑問に感じました。じゃあセンターポジションじゃないヤニスやアンソニー・デービ […]

ダニエル・タイスのディフェンスとスクリ-ナーとしての貢献度について

というわけで今回はちょっとニッチな内容になります。それでもタイスに注目してほしくてブログにしてみようと思いました。きっかけはセルティックスの試合を観ていたときに、あまり注目していなかったけど「このタイスって誰?めっちゃ良い選手じゃん」と思わずうなってしまったからです。 ダニエル・タイスとは 出典:GETTY IMAGES まずタイスってどんな選手?というわけで基本情報を補足していきます。タイスは1 […]

2020年のFAで過小評価されている選手5人

一般的に2020年にFAになる選手は大物不在と言われていて、アンソニー・デービス以外の選手はいまいち地味な印象があります。今回はそんなFAで過小評価されている選手を5人紹介していきたいと思います。 1.ジョー・ハリス (SG) ブルックリン・ネッツ 今シーズンのハリスは63試合30.9分の出場で平均13.9得点、スリーポイント成功率41.2%の成績を残しています。1試合平均での3PTAが5.9本な […]

マイク・ダントーニがネッツのヘッドコーチ候補のトップか?

『Forbes』のShlomo Sprung氏は、ロケッツのマイク・ダントーニがブルクリン・ネッツのヘッドコーチ最有力候補だと明言しています。 ブルックリン・ネッツがヘッドコーチ候補を探していることは周知されていますが、現在ロケッツのヘッドコーチであるマイク・ダントーニがネッツのヘッドコーチになることがあるのでしょうか?正直難しいのではないかと思ってしまいます。しかし、ダントーニのロケッツでの契約 […]

ロニー・サイカリーが引退後にDJになってることについて

ということで今回はマイアミ・ヒートで活躍したロニー・サイカリーが、現在DJをやってるということを始めて知ったので共有したいと思います。 NBA選手としてのロニー・サイカリー サイカリーは1965年生まれの現在55歳。1988年にマイアミ・ヒートからドラフト1巡目9位指名でNBA入りし、2000年までNBAでプレーしたヒートのレジェンドセンターです。ヒートでは1989/90シーズンにMIPを受賞し、 […]

ゴベアとドラモンドのトレードは成立するのか?

こんな話あったけ?というようなタイトルですが、『Forbes』のEvan Dammarell氏の記事にこのトレード案が出ていて、読んでみたら「それほどあり得ない話でもないな」と思ったのでブログに書いてみることにしました。 まずジャズのルディ・ゴベアとキャブズのアンドレ・ドラモンドはどちらも2021年のオフに契約が切れる選手です。契約金は以下の通りです。 ルディ・ゴベア 1年 $25,775,281 […]

ニックスがクリス・ポールと契約すべきじゃない理由

というわけで今回は、ニックスがクリス・ポールと契約するのもありじゃないか?という説の反対意見を書いていこうと思います。 まず前提としてニックスは、ポイントガードをとても必要としています。2019/20シーズンのニックスはFG%24位、アシスト数27位、3PTA29位、3PTM30位、3PTFG27位など、シュートセレクションが非常に悪いことがスタッツを見るとよく分かります。 次にニックスの2020 […]

スパーズの2020年ドラフト予想順位と指名選手とは

今回も『Forbes』のRob Wolkenbrod 氏の4月28日、29日に発表した記事を参考にブログを書いていきます。この記事はスパーズがプレーオフに進めないことが前提になっています。 スパーズの2020年モックドラフトの予想順位は11位の確率が一番高く、プレーオフ常連のスパーズにとっては極めて高い順位での指名になります。 スパーズが1位を引き当てる確率は2%しかないので、このオッズを見る限り […]

ニックスの2020年モックドラフトの予想順位と指名する選手は?

今回は少し前に遡りますが、『Forbes』誌のTommy Beer氏が3月22日に発表した記事を元にコメントしていきます。記事の内容をざっくり言うと、ニックスが指名する選手を予想しようというものです。 まず確認しておきたいことは、ニックスは2020年の1巡目指名権を2つ持っているということです。これはトレードデッドラインにマーカス・モリスを放出したことでクリッパーズから得たものが含まれています。つ […]

エイブリー・ブラッドリーの代わりにJR・スミスが加わる場合のメリット、デメリットとは?

今回は2020年6月24日付けのHOOPSHYPEのフランク・ウルビナ氏の記事を元にブログを書いてみます。まず、タイトルの通りなのですが、レイカーズのエイブリー・ブラッドリーが家庭の事情からシーズン再開後にプレーしないことを明言しました。それによってレイカーズはブラッドリーの代わりにJR・スミスと契約して再開後のシーズンを迎えるのでは?と報道されています。 ではエイブリー・ブラッドリーの代わりにJ […]

2020年オフシーズンにFAになる選手達の評価について

2020年にFAになる選手は、2021年に比べるとスター選手が少ないと言われていますが、それでも移籍先ではスターになる可能性を秘めた選手がたくさんいます。そこで、HOOPSHYPEのBryan Kalbrosky氏の2020年6月26日の記事を元に、FAになる選手達の今シーズンのスタッツやチームへの貢献度を確認していきたいと思います。 1.モントレズ・ハレル Montrezl・Harrell LA […]

スパーズ出身の選手やコーチって今のNBAに何人いるのか?

というわけで、現在NBAでスパーズ出身のコーチが何人いるのか気になったのでまとめてみることにしました。最近でもスパーズ出身のマリーク・ローズ(昔はマリック・ローズって呼んでました。)がリーグの重要なポストに就任したことがニュースになりましたが、スパーズ出身の人が引退した後にコーチになるっていう話はよく聞きますよね。 今回はそんなスパーズ出身で今現在NBAのコーチ職に就いている人のまとめ記事を書きた […]

ピストンズのGMになったトロイ・ウィーバーってどんな人?

6月18日にデトロイト・ピストンズは公式サイトで新しいGMにトロイ・ウィーバー氏が就任したことを発表しました。というわけで今回はピストンズの新しいGMであるトロイ・ウィーバー氏がどんな経歴を送って来たのか?今後どんな仕事をしていってほしいかということについてコメントしていきます。 もとのニュースのリンクを貼っておきますので併せてご覧ください。↓ https://nba.rakuten.co.jp/ […]

ケニー・アトキンソン氏とはどんな人物か?

再建中のニックスの新ヘッドコーチ候補にアトキンソン氏 というわけで、これまでニューヨークニックスの新ヘッドコーチにはトム・シホドー、暫定HCのマイク・ミラー、マイク・ウッドソンらの名前が挙がっていましたが、ここにきて新たにケニー・アトキンソンをピックアップしたというニュースが入ってきました。そこで今回はケニー・アトキンソンのキャリアを掘り下げていきたいと思います。 ケニー・アトキンソンのコーチとし […]

ザイオンの適正体重は?体格の似た選手達と比較してみた

まず公式発表されているザイオンの身長と体重の確認ですが、 ザイオン・ウィリアムソン 198㎝ / 128.8 kg これは現役選手と比較してもかなり重い部類に入ります。現役で体重の重い選手とザイオンを比較してみましょう。 ザイオンと現役で体重の重い選手の比較 ※NBA.com調べ クリスタプス・ポルジンギス 221㎝ / 108.9 kg ニコラ・ヨキッチ 213㎝ / 128.8 kg ボバン・ […]

Translate »