NBA選手が前十字靭断裂の怪我をしたら復帰時期はどのくらいか?

  • 2020年8月6日
  • 2022年3月1日
  • NBA, 選手
  • 363view
  • 8件

8月2日(日本時間3日)のキングス戦で左膝前十字靭帯断裂という大怪我を負ってしまったマジックのジョナサン・アイザック選手。今回は今後どのくらいで試合に復帰できるのかを調べていきたいと思います。

詳しくはこちらのニュースをご確認ください。

https://www.sportingnews.com/jp/nba/news/jonathan-isaac-torn-acl/1blten5594ptf1t1zzxfu0o9gy

怪我のニュースは気分が落ち込みますが、今は医療も発達して前十字靭帯断裂という大怪我でもしばらくするとトップフォームで戻ってくる選手も少なくありません。

本人はショックだったでしょうが、気丈にもすぐにポジティブなメッセージを残してくれています。

https://twitter.com/JJudahIsaac/header_photo

それでは過去にジョナサン・アイザック選手と同じ怪我をしてから復帰した選手、それから復帰までどのくらい時間がかかるかを調べていきたいと思います。

前十字靭帯の怪我をした選手と復帰までの期間

  • ショーン・リビングストン:2007年2月に左膝蓋骨が脱臼、前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靱帯を断裂 2年8か月で復帰
  • デリック・ローズ:2012年4月 左膝前十字靭帯断裂 1年6か月で復帰
  • ジャバリ・パーカー:2014年12月と2017年1月に左膝前十字靭帯断裂 1回目11か月、2回目1年後に復帰
  • ダンテ・エクザム:2015年5月 左膝前十字靭帯断裂 1年2か月で復帰
  • ザック・ラビーン:2017年2月 左膝前十字靭帯断裂 11か月で復帰
  • クリスタプス・ポルジンギス:2018年2月 左膝前十字靭帯断裂 1年8か月で復帰
  • デマーカス・カズンズ:2018年1月、左アキレス腱断裂、2019年8月、左膝前十字靭帯断裂 2020年12月に復帰 1年4か月で復帰
  • ダリオ・サリッチ:2021年7月6日 右膝前十字靭帯断裂

ショーン・リビングストンは2007年2月に膝を支える4本のうちの3本を失うような大怪我だったため、復帰まで3年近くかかっています。

ジャバリ・パーカーは同じ個所を2回断裂して、それぞれ11か月、1年で復帰しています。

デリック・ローズのキャリア最初の怪我である、左膝前十字靭帯から1年6か月で復帰していますが、復帰してから約6シーズンで3回の大怪我を負っています。※2013年11月に右膝半月板断裂、2015年2月に右膝半月板部分断裂、2017年4月に左膝半月板断裂。

怪我から復帰までが特に早かった選手

  • トニー・アレン:2007年1月 左膝前十字靭帯と内側側副靭帯断裂、復帰後さらに2012年オフシーズンに左膝の軟骨損傷 9か月と23日で復帰
  • リッキー・ルビオ:2012年3月 左膝前十字靭帯断裂 9か月と6日で復帰
  • イマン・シャンパート:2012年4月 左膝前十字靭帯断裂 8か月と20日で復帰

トニー・アレンは引退までに2度の大怪我を負っています。ルビオもシャンパードも幸い2回目の大きな怪我は負っていません。現役生活が長くなればそれだけ怪我のリスクも高まります。

もうすぐ復帰する予定の選手

  • クレイ・トンプソン:2019年6月、右膝前十字靭帯断裂 ※その後左アキレス腱断裂

カズンズの場合は、はじめにアキレス腱を負傷し、その7か月後の2018年8月の練習中に左膝前十字靭帯断裂の怪我をしています。

トンプソンは2020年9月のトレーニングキャンプに向けてリハビリに励んでいるようで、2020-21シーズン開幕の2020年12月1日に復帰した場合、怪我から1年6か月での復帰になります。

まとめ

余談ですが、最近怪我から復帰したサンダーのアンドレ・ロバーソンは2018年1月に左膝蓋腱断裂でしたので、今回のリストからは外しています。ロバーソンは約2年6か月(909日)での復帰となりました。

また、今回リストアップした選手のほとんどが左膝の前十字靭帯の断裂です。左足で踏み切っているためだと思いますが、プレーするだけでもかなりの負荷がかかっているものと推測できます。

前十字靭帯断裂という怪我はNBA選手にとっては常にそのリスクと隣り合わせということがわかります。

ローズやジャバリ・パーカー、カズンズなどのように復帰後に複数回の怪我を負ってしまう選手もいて、復帰を急ぐことで再発させてしまうケースも多いです。

そうならないように今回負傷してしまったマジックのジョナサン・アイザック選手も決して無理せずに充分に治してから復帰してほしいです。

※このブログを書いているときにグリズリーズのジャレン・ジャクソン・Jrも左膝の半月板を断裂するというニュースが入ってきました。来シーズンの開幕には間に合うだろうということですが、無理せず治してほしいですね。

BASKETBALL LIFEさんのブログに膝の専門家がACL負傷者の復帰時期に警鐘「2年は復帰すべきではない」という記事を見つけました。興味深かったので勝手にリンクを貼らせていただきます。

http://www.coralnet.co.jp/tba/wordpress/2019/09/22/%E8%86%9D%E3%81%AE%E5%B0%82%E9%96%80%E5%AE%B6%E3%81%8Cacl%E8%B2%A0%E5%82%B7%E8%80%85%E3%81%AE%E5%BE%A9%E5%B8%B0%E6%99%82%E6%9C%9F%E3%81%AB%E8%AD%A6%E9%90%98%E3%80%8C2%E5%B9%B4%E3%81%AF%E5%BE%A9/

https://theadmiral50.net/nba/jaren-jackson-jr-injury

Translate »