シーディングゲームTOP10プレーヤーカウントダウン

  • 2020年8月17日
  • 2020年10月15日
  • NBA
  • 12view
  • 2件
NBA

先日NBAシーディングゲームのMVPと1stチームと2ndチームが発表になりましたが、今回は『HOOPSHYPE』が選んだシーディングゲームTOP10プレーヤーを紹介します。

1st、2ndチームに入っていない選手もいるので興味深いです。それは紹介していきます。

10.マイケルポータージュニア

Mandatory Credit: Kevin C. Cox/Pool Photo-USA TODAY Sports

スタッツ: 22.0得点, 8.6リバウンド, 1.6 アシスト, 42.2 3P%

ケガで出遅れたポータージュニアですが、シーディングゲームでは強烈なインパクトを残しました。特に8試合平均のシュート成功率は驚異的で、FG%58.1%、3P%42.2%と効率良くシュートを決めています。

今後ウィル・バートンやギャリー・ハリスが戻ってくれば彼らにマークが引き付けられてさらに高確率でシュートを決められる可能性が高いです。

9.フレッド・ヴァンヴリート

Mandatory Credit: Ashley Landis/Pool Photo-USA TODAY Sports

スタッツ: 17.8得点、3.8 リバウンド、6.7 アシスト、41.7 3P%

バンブリートはラプターズを7勝1敗の好成績に導く立役者になりました。

今シーズンからスターターになったバンブリートはオフにはFAの資格を手にします。さらにプレーオフでの活躍が認められればFAでの注目度も高まります。

8.ジェイソン・テイタム

Mandatory Credit: Mike Ehrmann/Pool Photo-USA TODAY Sports

スタッツ: 22.4得点、6.0 リバウンド、3.7アシスト、44.9 3P%

テイタムはチームを5勝3敗の成績導きました。最終戦のウィザーズ戦は主力を休ませたため、実際は6勝2敗でもおかしくありませんでした。

エースとしてチームを勝利に導けるか今後の活躍に期待しています。

7.デマー・デローザン

Mandatory Credit: Ashley Landis/Pool Photo via USA TODAY Sports

スタッツ: 21.7得点、4.4 リバウンド、5.7 アシスト、58.1 FG%

バブル内のサプライズチームのひとつとなったスパーズのエース、デローザン。オフェンスの舵取りを若手に譲り、ゲームの大事な局面で貴重なショットを決めてチームを勝利に導きました。

チームはプレーオフを逃しましたが、来シーズンで制限付きFAの資格を持つデローザン。今後の去就に注目です。

6.ヤニス・アデトクンポ

Credit: Mike Ehrmann/Pool Photo via USA TODAY Sports

スタッツ:27.8得点、12.2リバウンド、4.2 アシスト、62.6 FG%

もはやモンスタースタッツを記録しても誰も驚かなくなったアデトクンポ。むしろウィザーズ戦でモリッツ・ヴァグナーに頭突きをおみまいしたことの方がニュースになりました。

出場停止のペナルティーを経たことが冷静さを取り戻すきっかけになったはずです。プレーオフに向けて盤石な体制と言えます。

5.ルカ・ドンチッチ

Credit: Kim Klement-USA TODAY Sports

スタッツ: 30.0得点、10.1リバウンド、9.7アシスト、47.8 FG%

ハイライトはバックス戦の36得点、14リバウンド、19アシストのトリプルダブルです。

ポルジンギスとのコンビは相手チームにとって脅威以外の何物でもありません。数年後には優勝を狙えるチームになっていても不思議ではありません。

4.TJ・ウォーレン

Credit: Kim Klement-USA TODAY Sports

スタッツ: 31.0得点、6.3リバウンド、2.0アシスト、52.4 3P%

ペイサーズはシーズン再開当初、オラディポの欠場予想やサボニスのケガによる離脱によって、厳しい結果になることが予想されていましたが、ウォーレンの活躍には驚かされました。

特にシクサーズ戦の53得点でオフェンスの核になることを証明しました。まだサボニスの欠場を明言していないため、サボニス、ウォーレン、オラディポが一緒にプレーすれば一回戦突破も見えてきます。

3.ジェームズ・ハーデン

Mandatory Credit: Kim Klement-USA TODAY Sports

スタッツ: 35.3得点、9.2リバウンド、8.7アシスト、53.6 FG%

ロケッツはチームの勝利に結びついていないため、ハーデンが活躍してもあまり注目されていませんでした。ハーデンは絶好調です。

ウェストブルックのケガの具合が心配ですが、超スモールラインアップで臨むロケッツのプレーオフの試合から目が離せません。

2.デビン・ブッカー

Mandatory Credit: Ashley Landis/Pool Photo-USA TODAY Sports

スタッツ:30.5得点、4.9リバウンド、6.0アシスト、62.7 TS%

バブル内において一番のサプライズチームとなったサンズのエース、ブッカー。チームを8勝0敗に導いて周囲を驚かせました。

残念ながらチームはプレーオフを逃しましたが、来シーズンに向けて大きな手ごたえを感じたことでしょう。

1.デイミアン・リラード

Mandatory Credit: Kim Klement-USA TODAY Sports

スタッツ:37.6得点、4.3リバウンド、9.6アシスト、49.7 FG%

『DAME TIME』を何度も発動させてプレーオフへの切符を手にしたリラード。このバブル内の活躍はリラードかブッカーのどちらかがMVPになると予想されましたが、やはりリラードがMVPを獲得しました。

チームはシーズン終盤まで苦しみましたが、ヌルキッチとコリンズが復帰してからは見違えるようなチームになりました。

プレーオフではレイカーズとの厳しい戦いが予想されますが、「もしかしたら」と期待してしまう、そのくらいものすごい活躍を見せてくれました。

まとめ

というわけで今回は『HOOPSHYPE』のシーディングゲームのTOP10プレーヤーをカウントダウン形式で紹介していきました。

今回惜しくもプレーオフを逃した選手もじっくり体を休めて来シーズンに向けて準備をしてほしいものです。毎日寝不足の日が続きますね。

https://www.yardbarker.com/nba/articles/trail_blazers_star_damian_lillard_named_unanimous_nba_player_of_seeding_games/s1_13132_32631914

https://www.sportingnews.com/jp/nba/news/portlands-lillard-named-kia-nba-player-of-the-seeding-games-and-leads-kia-nba-all-seeding-games-team/1e2s2f7y15s3p1inhg7y3xmlro

https://theadmiral50.net/nba/lillard-booker-mvp

Translate »