2020/21ロケッツ最新ロスターまとめ

  • 2020年12月9日
  • 2021年1月17日
  • NBA
  • 42view
  • 5件
NBA

トレード・FAなどでロスターが大幅に変更になったチームからロスターとチームサラリーを確認しておこうと思います。

ヒューストン・ロケッツ編です。

新加入(FA&トレード・ドラフト・契約延長)

  • ビクター・オラディポ ペイサーズからトレードで獲得
  • ダンテ・エクザム キャブスからトレードで獲得
  • ロディオンス・クルークス ネッツからトレードで獲得
  • ネッツの1巡目指名権3本(2022年、2024年、2026年)
  • バックスの2022年の1巡目指名権(キャブス経由)
  • 4本のネッツとの指名権の交換権(2021、2023、2025、2027)

ハーデン放出でこれだけの見返りを得られました。ただしオラディポはロケッツでプレーしないかもしれないとの話も出ています。

  • デマーカス・カズンズ FA233万ドルで獲得
  • ジュリアン・グラント FA2年400万ドルで獲得(前ウィザーズ)
  • スターリング・ブラウン FA1年167万ドルで獲得(前バックス)
  • ジェイショーン・テイト FA3年473万ドルで獲得(前シドニーキングス)
  • ジョン・ウォール ウィザーズからトレードで獲得
  • クリスチャン・ウッド 3年4,100万ドルで獲得 ※ピストンズからサイン&トレードで獲得
  • ジェラルド・グリーン 1年256万ドルで延長
  • ブルーノ・カボクロ 2年431万ドルで延長
  • デビッド・ヌワバ 1年182万ドルで延長
  • ケニオン・マーティン・Jr 2020年52位でキングスが指名。※トレードでロケッツが獲得
  • メイソン・ジョーンズ ドラフト外 1年2WAY契約
  • ケニー・ウーテン ドラフト外 1年2WAY契約
  • トレベリン・クイーン ドラフト外 Exhibit10契約
  • ブロドリック・トーマス ドラフト外 Exhibit10契約
  • 2021年1巡目指名権(ピストンズ)※クリスチャン・ウッドのトレード
  • 2021年1巡目指名権(ブレイザーズ)※コビントンとのトレードで
  • 2021年2巡目指名権(レイカーズ)※クリスチャン・ウッドのトレード ※トレードで放出
  • 2023年1巡目指名権 トレードで獲得 ※ウェストブルック ↔ ジョン・ウォール+指名権

FAトレード契約延長

一番のニュースはジョン・ウォールがチームに加わったこと。またカズンズとはケンタッキー大時代のチームメイトでした。

ピストンズからトレードで獲得したクリスチャン・ウッドは昨シーズンのロケッツにはいなかったタイプのビッグマンです。スモールボールを推し進めるとしても機動力のあるウッドならフィットするはずなので良い補強ですね。

退団、指名権放出

  • ジェームズ・ハーデン トレードでネッツに移籍

2021年1月14日。ついにハーデンのトレードが成立しました。ここ数年のロケッツを象徴する選手がいなくなり、時代が変わります。

  • ジェフ・グリーン FAでネッツに移籍
  • オースティン・リバース FAでニックスに移籍
  • ラッセル・ウェストブルック トレードでウィザーズに移籍
  • ロバート・コビントン トレードでブレイザーズに移籍
  • トレバー・アリーザ トレードでピストンズに移籍 ※その後サンダーに移籍
  • アイザイア・スチュアート(2020年16位指名)※トレードでピストンズに移籍
  • 将来のロケッツの2巡目指名権 ※ウッドとのトレードで放出
  • 2021年2巡目指名権(レイカーズ)※2020年52位K・J・マーティンとトレードでキングスに放出
  • デマーレイ・キャロル 退団
  • タイソン・チャンドラー 退団
  • マイケル・フレイジャー 退団
  • ウィリアム・ハワード 退団
  • ルーク・バー・ア・ムーテ 退団
  • タボ・セフォローシャ 退団

FAトレード

何と言ってもウェストブルックがトレードされたことは驚きました。チームの方針に不満があったとのことでしたが、ロケッツはハーデンのチームなのでウェストブルックはどこか窮屈そうで、あまり機能していない印象でした。

最新ロスター(随時更新)

  • PG ジョン・ウォールダンテ・エクザム、ジュリアン・グラント、クリス・クレモンズ
  • SG ジェームズ・ハーデンビクター・オラディポ、エリック・ゴードン、ベン・マクレモア、デイビッド・ヌワバ、ジェラルド・グリーン、メイソン・ジョーンズトレベリン・クイーン
  • SF ブルーノ・カボクロ、ダニエル・ハウス・Jr、ロディオンス・クルークス
  • PF P・J・タッカー、ケニオン・マーティン・Jrケニー・ウーテン
  • C クリスチャン・ウッドデマーカス・カズンズ

新加入ルーキー

あまり耳なじみのない選手が多いため、正確なポジションがよく分かりませんでした。ケニオン・マーティンの息子がルーキー契約でチームに加わっています。198㎝でパワーフォワード登録なので指名順位が低かったようです。

最新チームサラリー(随時更新)

2020-2021シーズンのサラリーキャップは109万ドル(115億)、ラグジュアリータックス上限は132万ドル(139億)
※名前が黒の選手は昨シーズンから在籍している選手。赤い人は新加入です。またこのデータは『hoopshype』や『clutchpoints.com』から引っ張ってきました。
ハーデンがチームから出たがっているという話がありますが、ハーデンがいなくなったらまったく違うチームになるのでプレーオフ進出が難しくなります。
ハーデンと健康なジョン・ウォールは魅力的で危険なデュオです。できればハーデンにはチームに残ってもらいたいですね。
しかし知らない選手ばかりになりました。ここからカットされる選手がたくさん出そうなので新情報が入り次第更新します。
[itemlink post_id=”1454″]

Translate »