アンドリュー・ウィギンズの最新トレード案

NBA
出典:USATODAY Sports

今回はウォーリアーズのアンドリュー・ウィギンズのトレード情報を追っていきます。

今シーズンのウォーリアーズはウェスタンカンファレンス9位の39勝33敗の成績を残したものの、惜しくもプレーオフ進出を逃してしまいました。

出典:NBA.com

その中でもウィギンズは71試合にスターターとして出場し、平均18.6得点、4.9リバウンド、2.4アシストを記録するなどの好成績を残しています。特にディフェンダーとしては非凡なものがあるのでトレードするという情報が流れれば、獲得したいチームはたくさん出てくるはずです。

というわけで今確認できるトレード情報2案をサラリーと合わせて紹介します。

ニックスとのトレード

出典:USA TODAY Sports

  • ニックス獲得:アンドリュー・ウィギンズ
  • ウォーリアーズ獲得:ミッチェル・ロビンソン、ケビン・ノックス、2021年1巡目21位指名権(マーベリックス経由)、2021年2巡目32位指名権(ピストンズ経由)

ニックスは2021年のドラフト指名権を4本持っていて、ウォーリアーズの2本送ったとしても、19位と58位指名権が残るそうです。↓

出典:tankathon.com

出典:HOOPSHYPE

続いてサラリーの確認をしてみましょう。ミッチェル・ロビンソンの契約がどのくらいに落ち着くかは分かりませんが、現状ではバーゲン価格と言えるでしょう。

出典:HOOPSHYPE

余談ですがウォーリアーズが来シーズンにカリー、トンプソン、ウィギンズ、グリーンを維持すると、この4人だけで約1憶3,936万ドルのサラリーになってしまいます。そういった意味でも「ウィギンズを放出するべき」という声が出ているのだと思います。

出典:tankathon.com

ウォーリアーズは2021年の指名権を2本持っているわけですが、もしこのニックスとのトレードが成立した場合、一気に7位、14位、21位、32位の4本を保持することになります。そうなるとまた違った選択肢が出てきて、トレード戦線で優位に立つことができます。

指名権とミッチェル・ロビンソンを破格で獲得できるこのニックスとのトレード案はウォーリアーズにとって良い話ではないでしょうか。

シクサーズとのトレード

出典:USA TODAY Sports

  • シクサーズ獲得:アンドリュー・ウィギンズ、2021年7位、14位指名権
  • ウォーリアーズ獲得:ベン・シモンズ

今度は先程とは打って変わって2021年の指名権を放出してベン・シモンズを獲得するというトレード案です。

ディフェンダーとしての完成度はもちろん、選手としての伸びしろやポテンシャルの高さでもベン・シモンズの方がウィギンズよりも優れていると思いますが、シモンズは一部で練習嫌いという声だったり、メンタルの弱さを指摘されていることを考えると、このトレードはちょっと危ない感じもします。しかしそれでもオールディフェンシブチームファーストチーム入りの選手ですからあまり贅沢は言えませんね。

出典:HOOPSHYPE

サラリー面で見るとウォーリアーズは2022/23シーズンにカリーとの契約延長を控えているので、シモンズ獲得には慎重になるべきです。

シモンズがシュートを改善できればいいのですが、今シーズンもまったく試合でスリーポイントを打たなかったので、急に良くなるという印象が持てません。今回のプレーオフでのシモンズが残念だったせいでイメージが悪くなってしまいました。

ですので今回のニックスとシクサーズのトレード案で比べるとしたら、個人的にはニックスの方が両チームにとって上手くいきそうな感じがします。

今回はこの辺で終わりにしようと思います。最後まで読んでくださってありがとうございます。

バディ・ヒールドのトレード先候補
ヘッドコーチとの不仲が取り沙汰されているキングスのバディ・ヒールドは放出される見込みと言われています。そんなヒールド獲得を望むとされるチームのトレードパッケージをまとめました。
ドレイモンド・グリーンのブレイザーズ移籍の可能性を考える
ドレイモンド・グリーンをリラードとマッカラムが勧誘した?という噂から具体的なトレードパッケージまで出てきたので取り上げてみました。トレード成立後のチームサラリーもまとめてみました。
ニックスのジャレン・ジャクソンJr獲得の噂を深掘り
グリズリーズのジャレン・ジャクソンJr↔ニックスのオビ・トッピン+ケビン・ノックス+2021年1巡目指名権+2021年2巡目指名権のトレードの噂を個人スタッツとチームサラリーを追加して深掘りしてみました。
ジェームズ・ワイズマンのトレード先候補まとめ
ウォーリアーズのジェームズ・ワイズマンのトレードの噂(サンダーとロケッツ)に選手のサラリーを追加してみました。
2020/21シーズントレード・FA情報まとめ 
2020/21シーズンに起きたトレード・FA情報をまとめていこうと思います。最終更新2021年5月14日※ツイッターを添付していましたが重たくなってきたので削除しました。
Amazon.co.jp : め組の大吾 救国のオレンジ

これ最近頂きものでおいしかったので知らない方はどうぞ↓



NBAランキング

 

コメント

  1. […] アンドリュー・ウィギンズの最新トレード案 […]

Translate »
タイトルとURLをコピーしました