2022/23ホーネッツ最新ロスター

2022/23シーズン開幕前のロスターをドラフトやFA、トレードなどの情報と一緒にまとめていきたいと思います。

新加入(FA&トレード・ドラフト・契約延長)

  • リアンジェロ・ボール:1年契約
  • コディー・マーティン:4年3,200万ドルで契約延長
  • ケリー・ウーブレイJr:2年2,600万ドルで契約延長
  • マーク・ウィリアムズ(PF/C):2022年1巡目15位で指名
  • ブライス・マクゴーウェンズ(SG/SF):2022年2巡目40位で指名。2WAY契約
  • スティーブ・クリフォード:ヘッドコーチに就任

ホーネッツのオフシーズンは今のところ大きな変化はありませんが、ヘッドコーチのジェームズ・ボレゴと別れ、スティーブ・クリフォードと契約したことが一番大きな変化でしょうか。

クリフォードHCは過去にホーネッツを5シーズン、その後マジックを3シーズン率いたことのある経験豊かなコーチです。ディフェンス力に定評のある人物で、昨シーズンのディフェンシブレーティングがリーグ22位のホーネッツのディフェンスを改善できるかどうか、手腕が問われます。

退団、指名権放出

なし

最新ロスター(随時更新)

  • PG:ラメロ・ボール
  • SG:テリー・ロジアー
  • SF:ケリー・ウーブレイJr
  • PF:マイルズ・ブリッジズ?
  • C:メイソン・プラムリー
ベンチ
  • PG:
  • SG:ジェームズ・ブックナイト、リアンジェロ・ボール
  • SF:ゴードン・ヘイワード、コディー・マーティン
  • PF:PJ・ワシントン、マーク・ウィリアムズ、ジェイレン・マクダニエルズ
  • C:カイ・ジョーンズ、ニック・リチャーズ

マイルズ・ブリッジズが家庭内暴力と児童虐待の容疑で起訴されるなどで、とてもまともにプレーできる状態になく、ホーネッツ全体に暗い雰囲気をもたらしています。開幕までに問題が解消されるのか未だ未定です。

それはさておき、ロスターを見るとポイントガードの補強が必要です。そこで現在名前が挙がっているのがチームの元スター選手であるケンバ・ウォーカー。ケンバ・ウォーカーはピストンズにトレード後、バイアウトして古巣のホーネッツに復帰するのではないか?との噂が出ています。他にはアイザイア・トーマスの名前も挙がっています。

このチームの看板選手はラメロ・ボールに違いありませんが、サポート役のベテランポイントガードとしてウォーカーやアイザイア・トーマスの加入は適任だと思います。

特にアイザイア・トーマスは昨シーズン活躍した実績があります。この際2人獲得なんて思い切った決断を見たいものです。

2021/22ドラフト後~FA・トレード情報まとめ

2021/22トレード情報ドラフト会議後まとめ

2021/22ホーネッツ最新ロスター

ここ数年で買ってよかったもの

 

 

 

Translate »