2022/23ウィザーズ最新ロスター

2022/23シーズン開幕前のロスターをドラフトやFA、トレードなどの情報と一緒にまとめていきたいと思います。

新加入(FA&トレード・ドラフト・契約延長)

  • ブラッドリー・ビール:5年2憶5,100万ドルで契約延長
  • アンソニーギル:2年契約金不明で延長
  • デロン・ライト(ホークス):FAで2年1,600万ドルで契約
  • モンテ・モリス(ナゲッツ):ケンタビオス・コールドウェル・ポープ、イシュ・スミスとのトレードで獲得
  • ウィル・バートン(ナゲッツ):ケンタビオス・コールドウェル・ポープ、イシュ・スミスとのトレードで獲得
  • タージ・ギブソン(ニックス):1年契約
  • ジョニー・デイビス(SG・SF):2022年1巡目10位指名で獲得
  • ヤニック・ヌゾサ(C):2022年2巡目54位で指名。当面はスペインのチームでプレーする模様。
  • ジェームズ・ポージー:アシスタントコーチに就任

ウィザーズはブラッドリー・ビールと5年2憶5,100万ドルの契約を交わし、その中にはトレード禁止条約も含まれています。つまりウィザーズはビールを放出しないことを決めたということですが、プレーオフに進めないチームにFAで実力のある選手が集まるとは考えにくく、ウィザーズは今後も厳しい状況が続くように思います。

ちなみにツイッターのよると、過去にこのトレード禁止条約盛り込んだ契約を交わした選手は、レブロン、KG、カーメロ、ノビツキー、コービー、ウェイド、ダンカン、デビッド・ロビンソン、ストックトンなどがいます。

ナゲッツとのトレードでモリスとバートンを獲得しましたが、これが吉と出るか凶と出るかはわかりません。

他にはポイントガードのデロン・ライトもFAで獲得しています。スターターを任せるかどうかはわかりませんが、ビールの負担を軽くできると良いですね。

退団、指名権放出

  • ケンタビオス・コールドウェル・ポープ:モンテ・モリス、ウィル・バートンとのトレードで放出
  • イシュ・スミス:モンテ・モリス、ウィル・バートンとのトレードで放出
  • ラウル・ネト:FAでキャブスに移籍
  • トーマス・ブライアント:FAでレイカーズに移籍
  • トマーシュ・サトランスキー:FAでFCバルセロナに移籍

KCPが1年でいなくなったわけですが、彼にとってはナゲッツの方がプレーオフで上位を狙える良い環境のはずので、新天地での活躍に期待したいですね。

他には八村選手と仲の良かったイシュ・スミスがまたいなくなってしまいました。

最新ロスター(随時更新)

  • PG:モンテ・モリス
  • SG:ブラッドリー・ビール
  • SF:ウィル・バートン
  • PF:カイル・クーズマ
  • C:クリスタプス・ポルジンギス
ベンチ
  • PG:デロン・ライト
  • SG:コーリー・キスパード、ジョニー・デイビス
  • SF:デニ・アブディア
  • PF:八村塁、アンソニー・ギル、タージ・ギブソン
  • C:ダニエル・ギャフォード、ヴァーノン・キャリーJr

昨シーズンよりもオフェンシブになった印象のロスターになりました。個人的には八村選手の出場機会をもっと増やしてほしいので、またスターターや終盤の大事な場面での起用に期待したいです。

2021/22ドラフト後~FA・トレード情報まとめ

2021/22トレード情報ドラフト会議後まとめ

2021/22ウィザーズ最新ロスター

2020/21ウィザーズ最新ロスターまとめ

ここ数年で買ってよかったもの(8月3日更新)

Translate »