2022/23マーベリックス最新ロスター

2022/23シーズン開幕前のロスターをドラフトやFA、トレードなどの情報と一緒にまとめていきたいと思います。

新加入(FA&トレード・ドラフト・契約延長)

  • クリスチャン・ウッド(ロケッツ):2022年1巡目26位指名権(ウェンデル・ムーア)、ボバン・マリヤノビッチ、マーキーズ・クリス、トレイ・バーク、スターリング・ブラウンとのトレードで獲得
  • マキシ・クリバー:3年3,300万ドルで契約延長
  • ジャベール・マギー(サンズ):3年2,010万ドルで契約
  • テオ・ピンソン:1年契約内容契約金不明
  • ジェイデン・ハーディー(SG):2022年2巡目37位指名

1巡目指名権1本とサラリー調整を目的とした選手とのトレードでロケッツからクリスチャン・ウッドを獲得しました。ドンチッチとも仲の良かったマリヤノビッチがいなくなったのは残念ですが、ウッドを獲れたのは大きな補強ですね。

退団、指名権放出

  • ジェイレン・ブランソン:FAでニックスと4年1憶400万ドルで契約
  • 2022年1巡目26位指名権(ウェンデル・ムーア):クリスチャン・ウッドとのトレードでロケッツに放出
  • ボバン・マリヤノビッチ:クリスチャン・ウッドとのトレードでロケッツに放出
  • マーキーズ・クリス:クリスチャン・ウッドとのトレードでロケッツに放出
  • トレイ・バーク:クリスチャン・ウッドとのトレードでロケッツに放出
  • スターリング・ブラウン:クリスチャン・ウッドとのトレードでロケッツに放出

ウッドを獲れたものの、ブランソンが抜けてしまいました。ただし、ニックスが提示した4年1憶400万ドルというサラリーはマブスでは用意できなかったので致し方ないでしょう。

来シーズンはブランソンにとって、サラリーに見合った活躍ができるか勝負の1年になります。

最新ロスター(随時更新)

  • PG:ルカ・ドンチッチ
  • SG:ティム・ハーダウェイJr
  • SF:ドリアン・フィニー・スミス
  • PF:マキシ・クリバー
  • C:クリスチャン・ウッド
ベンチ
  • PG:スペンサー・ディンウィディー、フランク・ニリキナ、マッキンリー・ライト4世
  • SG:レジー・ブロック、ジェイデン・ハーディー、ジョシュ・グリーン
  • SF:テオ・ピンソン
  • PF:ダービス・ベルターンス
  • C:ドワイト・パウエル、ジャベール・マギー

クリスチャン・ウッドの加入によって、全体のチーム力はアップしたと思います。確かにブランソンはいなくなりましたが、ディンウィディーがいれば問題ないでしょうし、ハーダウェイJrも戻ってきます。

ひとつ気になるのはベルターンスの存在です。昨シーズンのようなシュートスランプが続いてしまうと、放出候補筆頭になってしまいます。復調すれば対戦相手にとっては厄介な存在なので、調子が戻ると良いですね。

ディンウィディーとフィニー・スミスの息子も同世代のようです。将来NBA入りなんて日も来るかもしれませんね。

2021/22ドラフト後~FA・トレード情報まとめ

2021/22トレード情報ドラフト会議後まとめ

2021/22マーベリックス最新ロスター

ここ数年で買ってよかったもの(8月12日更新)

Translate »