ニックスの獲得候補、ブログドンとロジアーのトレードの噂を検証

NBA
出典:USA-TODAY-sports

ニックスの一番の補強ポイントはポイントガードと言われていて、このオフシーズンにクリス・ポールデイミアン・リラードなどをトレードで狙っているとのことです。

しかし、実際のところ彼らのような選手を獲得するとしたら、ニックスの方もランドルやバレットのような主力選手や将来の指名権などを複数手放さなければならなくなるので慎重になるべきです。

ですが、前述した選手達よりも現実的なターゲットに的を絞れば話は別です。例えばペイサーズのマルコム・ブログドンホーネッツのテリー・ロジアーなどはクリス・ポールやリラードと比べると比較的お手頃な価格で獲得できそうです。

というわけで複数のサイトからニックスが彼らを獲得するためのトレードパッケージを確認してみましょう。

ペイサーズとのトレード案

出典:USA TODAY Sports

  • ニックス獲得:マルコム・ブログドン
  • ペイサーズ獲得:イマニュエル・クイックリー、ケビン・ノックス、2021年19位指名権、2021年21位指名権、2023年2巡目指名権(ジャズ経由)

出典:HOOPSHYPE

ニックスはウィークポイントだったポイントガードをブログドン獲得で解消できて、見返りもブログドンを獲得できたなら問題ないと思います。

逆にペイサーズはこれでいいのか?という印象のトレード案です。先日ブログドンを中心としたベン・シモンズのトレードが破談になったという声が聞こえてきたので、ペイサーズはブログドンを手放してもいいと考えているようです。

次にペイサーズの2021年の指名権を確認してみます。

出典:tankathon.com

ペイサーズは今回のトレードによって13位、19位、21位の3本の1巡目指名権を持っていることになります。つまりその3本を使ってトレードアップ、または他のトレードを画策するという新しい選択肢も生まれます。

噂ではペイサーズはリラードやマッカラム、ベン・シモンズをターゲットにしているようなので、この3本の1巡目指名権はそういったトレードのための有効な手段になるかもしれません。

それと最近知ったのですが、チームがその年のドラフト指名できる人数は4人までだそうですね。

ホーネッツとのトレード案

出典:USA TODAY Sports

  • ニックス獲得:テリー・ロジアー
  • ホーネッツ獲得:ミッチェル・ロビンソン、2021年21位指名権、2021年32位指名権

出典:HOOPSHYPE

ロジアーも次は大型契約になる見込みのため、トレードされる可能性があります。またホーネッツには同じポジションにラメロ・ボールとデボンテ・グラハムがいることからもトレードされるかもしれません。

ニックスはミッチェル・ロビンソンを出したくないかもしれませんが、ロビンソンがケガで欠場していたときもチームはノエルの活躍もあって好調を維持していたので、ポイントガード獲得のためにはロジアーも放出するかもしれません。

それではトレード成立後のニックスの指名権を確認してみましょう。

出典:HOOPSHYPE

このトレードが成立したとしてもニックスには19位と58位が残ります。つまりロビンソンの代わりの若いビッグマンをドラフトで獲りに行くことも可能です。

ホーネッツ視点に話を戻すと、ホーネッツのビッグマンにはコディ・ゼラーとビヨンボがいるものの、センターポジションは手薄です。そこにミッチェル・ロビンソンのようなリム・プロテクターが加わればその問題は解消されます。そう言った意味でもロジアーを放出する可能性はあると思います。

まとめ

ニックスのターゲットがリラードやクリス・ポールだったらトレードで獲得するのは難しいですが、ブログドンやロジアーだったら、そこまでニックスの手駒を出さずとも獲得することは可能ではないでしょうか。

またニックスの獲得候補にはロンゾ・ボールの名前をよく見かけますが、ロンゾ・ボールを獲得するトレード案については以前にも書いたので割愛します。

ちなみに最近見つけたトレード案は、ロンゾ・ボール+ジャクソン・ヘイズ↔ミッチェル・ロビンソンというものです。

今回はここまでにしようと思います。最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。今回参考にしたサイトのリンクと関連するブログのリンクを貼っておきます。

This Knicks-Pacers Trade Features Malcolm Brogdon To New York
If the Indiana Pacers are willing to trade Malcolm Brogdon this NBA offseason, the New York Knicks should pursue a potential deal.
ピストンズが1位指名権を利用してザイオンを狙うという噂を深掘り
2021年のドラフト1位指名権を利用してザイオンをトレードで獲得しようとしているというsportsnaut.comの記事を深掘りしてみました。
ヒートのブランドン・イングラム獲得のためのトレード内容とは?
ヒートがブランドン・イングラムをトレードで獲得する場合、タイラー・ヒーローやダンカン・ロビンソンがパッケージに含まれる場合があるそうです。
テリー・ロジアーのヒート入りの噂を深掘り
ホーネッツのテリー・ロジアーをヒートが狙う?という噂をロジアーのスタッツ、エリア別のシュート成功率、ヒートのトレードパッケージを確認してみました。
ニックスのジャレン・ジャクソンJr獲得の噂を深掘り
グリズリーズのジャレン・ジャクソンJr↔ニックスのオビ・トッピン+ケビン・ノックス+2021年1巡目指名権+2021年2巡目指名権のトレードの噂を個人スタッツとチームサラリーを追加して深掘りしてみました。
ニックスがターゲットにしていると噂のある4人の選手
オフシーズンにニックスが狙うと噂される4人の選手(ノーマン・パウエル、ロンゾ・ボール、クリス・ポール、デマー・デローザン)に移籍の可能性があるのか調べてみました。
ロンゾ・ボールをターゲットにするチームはどこか?
ペリカンズのロンゾ・ボールはトレードデッドラインまでに出されるのか?トレードの噂のチームを追ってみました。
2020/21シーズントレード・FA情報まとめ 
2020/21シーズンに起きたトレード・FA情報をまとめていこうと思います。最終更新2021年5月14日※ツイッターを添付していましたが重たくなってきたので削除しました。
Amazon | Tervis NBA ニューヨーク・ニックス 特大タンブラー ラップとオレンジの蓋付き 16オンス クリア | Tervis | タンブラーグラス
Tervis NBA ニューヨーク・ニックス 特大タンブラー ラップとオレンジの蓋付き 16オンス クリアがタンブラーグラスストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。



NBAランキング

コメント

  1. […] […]

Translate »
タイトルとURLをコピーしました