ニックスがターゲットにしていると噂のある4人の選手

NBA
出典:fadeawayworld

今回はオフシーズンにニックスがターゲットにするのではないかと噂のある4人の選手のニュースを追いかけてみようと思います。元ネタは下のリンクです。↓

NBA Rumors: Knicks Are A Hot Free Agent Destination, Could Sign Several Stars In 2021 Offseason
The New York Knicks have been a team mired in dysfunction and irrelevancy for years now, with each season resulting in a frustrated and angry feeling for the

ニックスといえば毎回大物選手加入の噂は絶えないものの、結局目立った補強には至らないことが多いので今回も正直なところただの噂に過ぎないのでは?と思ってしまいます

ただ今回ばかりは違う結果になるかもしれません。2020/21シーズンのニックスは4月29日の段階で34勝28敗のイースト4位につけているため、久しぶりにチームの未来に明るい兆しが見えているからです。

いまのチーム状態なら実績のある選手がニックスに移籍してくる可能性は充分にあります。

そこでここからがやっと本題になるわけですが、ニックスがターゲットにしているとされる4人の選手の移籍の実現の可能性があるのか追っていきます。

ノーマン・パウエル(ブレイザーズ)

出典:HOOPSHYPE

パウエルの2021/22シーズンの契約はプレイヤーオプションになるため、本人がブレイザーズに残留しない場合は恐らく複数のチームからターゲットにされるはずです。

そもそもパウエルをニックスが狙っているとされる根拠は怪しいもので、Bleacher Report’sのジェイク・フィッシャー記者が「シボドーHCがパウエルを切望している」と語っているだけです。そういうことなので実際のところは「パウエルがニックスに来てくれたらいいのになぁ」くらいの話だと思います。

それでもノーマン・パウエルがニックスにやってきたら大幅な戦力アップになるので狙わない手はないですね。

ロンゾ・ボール(ペリカンズ)

出典:HOOPSHYPE

ロンゾ・ボールは以前からニックスが獲得する噂がありました。ニックスのウィークポイントのひとつにプレイメーカー不足が叫ばれているため、ロンゾ・ボールのようなタイプのポイントガードならフィットしそうなイメージです。

ニックスがロンゾ・ボールを獲得するにはペリカンズとトレードを成立させる必要があります。その場合ニックスが提示できるトレードアセットは今のところ確認できていません。

予測になってしまいますが、フランク・ニリキナ、ケビン・ノックス、オビ・トッピン、イマニュエル・クイックリー、ノーベル・ペッレの内の誰か。または将来の指名権も含まれるでしょう。

ちなみに来シーズンのニックスが保有する指名権です↓

出典:tankathon.com

若手と指名権を使えばロンゾ・ボール獲得も充分に起こり得ます。

クリス・ポール(サンズ)

出典:HOOPSHYPE

ノーマン・パウエル、ロンゾ・ボールと比べるとクリス・ポールの獲得は難しい印象です。2021/22シーズンにプレイヤーオプションになるのですが、好調なサンズから離れる可能性は極めて低いと思います。

ニックスへの移籍の噂の根拠は、現ニックス社長レオン・ローズとのエージェントとクライアント関係性があるからであり、今後も良好な関係を続けていけば来シーズン以降にもしかしたら実現するかもしれません。現段階ではクリス・ポールとサンズは相思相愛と思われるのでニックス移籍はなさそうです。

デマー・デローザン(スパーズ)

出典:HOOPSHYPE

デローザンはスパーズとの契約延長が行われなければ完全FAになります。その場合複数のチームの争奪戦になるので、デローザンがニックスに行きたいと思えるような条件を提示しなければなりません。

デローザンはカリフォルニア州出身ですが、公に「地元に帰りたい」とは語っていないので、そういった意味ではニューヨークに行くことも充分に考えられます。ただデローザンの近年のプレースタイルを考えると今のニックスにはマッチしそうな印象です。

またニックスにデローザンと関わりのある選手も見渡した限りいないですし、シホドーHCとの接点もあまりなさそうです。エージェントが同じ選手もいないのでデローザンのニックス移籍はそういった意味では実現しなさそうです。

ニックスのチームサラリー

出典:HOOPSHYPE

ちょっと字が小さくて見えにくかったらごめんなさい。来シーズンのニックスのチームサラリーは$49,718,957(約5,000万ドル)ほどでだいぶ抑えられています。

この分なら大物選手の獲得も夢ではありませんし、デリック・ローズ、ナーレンズ・ノエル、ミッチェル・ロビンソンとの契約延長も問題なさそうです。

今回はニックスがオフに狙うとされる選手4人のニックス移籍はあるか?というテーマでまとめてみました。最後まで読んでくださってありがとうございました。

ヒートのラウリー&デローザン獲得の噂をサラリー面から検証してみた
シーズンオフにヒートがラウリーとデローザンを獲得するという噂をサラリー面から検証してみました。カギを握るのはオラディポとの契約です。
2020/21シーズントレード・FA情報まとめ 
2020/21シーズンに起きたトレード・FA情報をまとめていこうと思います。最終更新2021年5月14日※ツイッターを添付していましたが重たくなってきたので削除しました。

ブログを書くときに参考にしている本や単純に好きなもののリストです。興味がある方は覗いてみてください。↓

Amazonほしい物リストを一緒に編集しましょう


NBAランキング

コメント

  1. […] ニックスがターゲットにしていると噂のある4人の選手オフシーズンにニッ… […]

Translate »
タイトルとURLをコピーしました