2022/23スパーズ最新ロスター

2022/23シーズン開幕前のロスターをドラフトやFA、トレードなどの情報と一緒にまとめていきたいと思います。

新加入(FA&トレード・ドラフト・契約延長)

  • ケルドン・ジョンソン:4年8,000万ドルで契約延長
  • ダニーロ・ガリナリ:マレー、ランデールとのトレードで獲得
  • 2023年1巡目指名権(ホーネッツ経由):マレー、ランデールとのトレードで獲得
  • 2025年1巡目指名権:マレー、ランデールとのトレードで獲得
  • 2026年1巡目指名権:マレー、ランデールとのトレードで獲得
  • 2026年の1巡目指名権の交換権:マレー、ランデールとのトレードで獲得
  • 2027年1巡目指名権:マレー、ランデールとのトレードで獲得
  • ジェレミー・ソーハン(PF):2022年1巡目9位指名
  • マラカイ・ブランナム(SG/SF):2022年1巡目20位指名
  • ブレイク・ウェスリー(PG/SG):2022年1巡目26位指名
  • ゴーギー・ジェン(ホークス):1年契約で合意
  • アイザイア・ロビー(サンダー):1年190万ドルで合意
  • ドミニク・バーロウ(PF):2WAY契約
  • ジョーダン・ホール(PG):2WAY契約
  • アリーゼ・ジョンソン:1年200万ドルで契約
  • ジョー・ウィースキャンプ:2年440万ドルで契約延長
  • ブレット・ブラウン:アシスタントコーチに就任

ルーキー

マレーのトレードによって1巡目指名権4本を獲得しましたが、それはチームが本格的な再建に舵を切ったことを意味します。

今回指名したルーキーは3人とも19歳。今後のチームの顔になるケルドン・ジョンソンもまだ22歳。さらにはヴァッセル23歳、プリモ20歳と、これからチームの中心となる選手がみんな若いです。恐らく勝てないシーズンがしばらく続きそうですが、気長に彼らの成長を楽しみたいと思います。

退団、指名権放出

  • デジョンテ・マレー:ガリナリ、1巡目指名権×4本、1巡目指名権の交換権とのトレードでホークスに移籍
  • ジョック・ランデール:マレーとホークスにトレード後にさらにサンズにトレードで移籍
  • ダニーロ・ガリナリ:解雇後にセルティックスと契約
  • ロニー・ウォーカーⅣ世:FAでレイカーズに移籍
  • ベッキー・ハモン:WNBAのラスベガス・エースのヘッドコーチに就任
  • チップ・イングランド:FAでサンダーのアシスタントコーチに就任

ウォーカーとの契約をしなかったのは理解できますが、イングランドとの契約を延長しなかったのには驚きました。金銭面で折り合いがつかなかったようですが、2005年からスパーズのシューティングコーチを務めた経験豊富なコーチがいなくなるのは心配です。しかもベッキー・ハモンまでいなくなったので来シーズンのコーチ陣には少々不安です。

最新ロスター(随時更新)

  • PG:ジョシュア・プリモ
  • SG:デビン・ヴァッセル
  • SF:ケルドン・ジョンソン
  • PF:ジェレミー・ソーハン
  • C:ヤコブ・パートル
ベンチ
  • PG:トレ・ジョーンズ、ブレイク・ウェスリージョーダン・ホール
  • SG:ロメロ・ラングフォード、マラカイ・ブランナム、ジョー・ウィースキャンプ
  • SF:ジョシュ・リチャードソン、ダグ・マクダーモット、アイザイア・ロビー
  • PF:ザック・コリンズ、ケイタ・ベイツ・ディオップ、アリーゼ・ジョンソン、ドミニク・バーロウ
  • C:ゴーギー・ジェン

チームは昨シーズンよりもさらに若返りました。こうなるとダグ・マグダーモットやジョシュ・リチャードソン、ロメオ・ラングフォード、ヤコブ・パートルなどはシーズン途中にもトレードされる可能性がありそうです。

この中で一番人気はヤコブ・パートルです。具体的にはウォーリアーズのジェームズ・ワイズマンとのトレード話が出ていますが、他にもホーネッツ、ラプターズ、ネッツ、ブルズなども興味を指名しているとのことです。

2021/22ドラフト後~FA・トレード情報まとめ

2021/22トレード情報ドラフト会議後まとめ

2021/22スパーズ最新ロスター

ウェストブルックとアービングのトレードにスパーズが絡んだ場合の内訳とは?

2020/21スパーズ最新ロスターまとめ

ここ数年で買ってよかったもの(8月12日更新)

Translate »