2022/23ペリカンズ最新ロスター

2022/23シーズン開幕前のロスターをドラフトやFA、トレードなどの情報と一緒にまとめていきたいと思います。

新加入(FA&トレード・ドラフト・契約延長)

  • CJ・マッカラム:2年6,400万ドルで契約延長
  • ザイオン・ウィリアムソン:5年2憶3,100万ドルで契約延長
  • ダイソン・ダニエルズ(SF/SG):2022年1巡目8位指名
  • EJ・リデル(PF):2022年2巡目41指名
  • カルロ・マトコビッチ(PF/C):2022年2巡目52位指名

このオフはザイオンとの契約延長とルーキー3人を指名。しかし、このルーキー3人の内、ダニエルズが軽傷ではあるもののサマーリーグを欠場。さらにリデルはそのサマーリーグ中に右膝前十字靭帯断裂の大怪我を負ってしまいました。

またマトコビッチは翌シーズンはペリカンズのロスターに加わらないことが発表されました。

というわけでドラフトした3人の内、ダニエルズだけが残ったということになります。大事に育てたいですね。

退団、指名権放出

なし

最新ロスター(随時更新)

  • PG:デボンテ・グラハム
  • SG:CJ・マッカラム
  • SF:ブランドン・イングラム
  • PF:ザイオン・ウィリアムソン
  • C:ヨナス・バランチュナス
ベンチ
  • PG:ホセ・アルバラード、カイラ・ルイスJr
  • SG:ギャレット・テンプル
  • SF:ダイソン・ダニエルズ、トレイ・マーフィー3世
  • PF:ラリー・ナンスJr、ハーバート・ジョーンズ
  • C:ジャクソン・ヘイズ、ウィリー・エルナンゴメス

昨シーズンはケガで全休だったザイオンが戻ってくればプレーオフ進出は難しくないように思います。

今のロスターを見て、ちょっと気になるのはポイントガードの補強が必要かな?ということです。

USA TODAY

デボンテ・グラハムは好きな選手ですが、プレーオフを狙うチームの正ポイントガードとしてはパフォーマンスに一貫性が足りない印象があります。

実際にグラハムにはチームがトレードの可能性を模索したとの報道もあります。マッカラムもゲームメイクができますし、さらにはアルバラードの台頭によってグラハムの立場はが変わってきそうです。

2021/22ドラフト後~FA・トレード情報まとめ

2021/22トレード情報ドラフト会議後まとめ

2021/22ペリカンズ最新ロスター

ここ数年で買ってよかったもの(8月12日更新)

Translate »