2022/23ホークス最新ロスター

2022/23シーズン開幕前のロスターをドラフトやFA、トレードなどの情報と一緒にまとめていきたいと思います。

新加入(FA&トレード・ドラフト・契約延長)

  • デジャンテ・マレー(スパーズ):ダニーロ・ガリナリ+2023年1巡目指名権(ホーネッツ経由)+2025年1巡目指名権+2026年1巡目指名権+2026年の1巡目指名権の交換権+2027年1巡目指名権とのトレードで獲得
  • ジョック・ランデール(スパーズ):ダニーロ・ガリナリ+2023年1巡目指名権(ホーネッツ経由)+2025年1巡目指名権+2026年1巡目指名権+2026年の1巡目指名権の交換権+2027年1巡目指名権とのトレードで獲得
  • ジャスティン・ホリデー(キングス):ケビン・ハーターとのトレードで獲得
  • モーリス・ハークレス(キングス):ケビン・ハーターとのトレードで獲得
  • 将来の1巡目指名権(キングス):ケビン・ハーターとのトレードで獲得
  • アーロン・ホリデー(サンズ):FAで契約
  • フランク・カミンスキー(サンズ):FAで1年契約
  • AJ・グリフィン(SF):2022年1巡目16位指名
  • タイリース・マーティン(SG/SF):2022年2巡目51位でウォーリアーズが指名。その後トレードでホークスが獲得
  • カイル・コーバー:フロントオフィス入り。詳細は未定。

このオフは何といってもマレーの獲得です。マレー獲得のために1巡目指名権を4本費やしたのには驚いた人も多かったのではないでしょうか。他にはハーターをトレードしてジャスティン・ホリデーとハークレスのウィングとさらに1巡目指名権を1本獲得しています。

あとはカイル・コーバーがチームに加わりました。マレーのスリーの確率が上がることに期待したいですね。

退団、指名権放出

  • ダニーロ・ガリナリ:マレー、ランデールとのトレードで放出
  • 2023年1巡目指名権(ホーネッツ経由):マレー、ランデールとのトレードで放出
  • 2025年1巡目指名権:マレー、ランデールとのトレードで放出
  • 2026年1巡目指名権:マレー、ランデールとのトレードで放出
  • 2026年の1巡目指名権の交換権:マレー、ランデールとのトレードで放出
  • 2027年1巡目指名権:マレー、ランデールとのトレードで放出
  • ケビン・ハーター:ハークレス+ジャスティン・ホリデー+2024年1巡目指名権(ロッタリーピックの保護付き)とのトレードで放出
  • ジョック・ランデール:金銭トレードでサンズに放出
  • ゴーギー・ジェン:FAでスパーズと1年契約
  • デロン・ライト:FAでウィザーズと2年1,600万ドルで契約
  • ケビン・ノックス:FAでピストンズと2年600万ドルで契約

何かと便利なガリナリはいなくなったものの、これはオコンウやルーキーのグリフィンで補填できると考えてのことでしょう。指名権だいぶ出しましたね。

最新ロスター(随時更新)

  • PG:デジャンテ・マレー
  • SG:トレイ・ヤング
  • SF:デアンドレ・ハンター
  • PF:ジョン・コリンズ
  • C:クリント・カペラ
ベンチ
  • PG:アーロン・ホリデー
  • SG:ジャスティン・ホリデー、タイリース・マーティン
  • SF:ボグダン・ボグダノビッチ、AJ・グリフィン、ジェイレン・ジョンソン
  • PF:オニエカ・オコンウ、モーリス・ハークレス
  • C:フランク・カミンスキー

ヤングとマレーがフィットするのかは分からないものの、ヤングをシューティングに専念させることもできますし、ディフェンスに定評のあるマレーの加入はプラスに働くことが期待できます。

また、ずっと放出の噂があるジョン・コリンズですが、ウィザーズとのトレードで、クーズマ+八村+アブディア+1巡目指名権という噂が出ています。どうなるかは分からないですが、とりあえずは今のロスターで開幕を迎えるのではないか?とみられているようです。

マレーの加入でディフェンスの強化とトレイ・ヤングの負担を減らすことが期待できるので注目していきたいですね。

2021/22ドラフト後~FA・トレード情報まとめ

2021/22トレード情報ドラフト会議後まとめ

2021/22ホークス最新ロスター

ここ数年で買ってよかったもの

 

 

 

Translate »