2022/23ピストンズ最新ロスター

2022/23シーズン開幕前のロスターをドラフトやFA、トレードなどの情報と一緒にまとめていきたいと思います。

新加入(FA&トレード・ドラフト・契約延長)

  • ボヤン・ボグダノビッチ(ジャズ):ケリー・オリニク、サベン・リーとのトレード獲得
  • ジェイデン・アイビー(SG):2022年1巡目5位で指名
  • ジェイレン・デューレン(C):2022年1巡目13位指名。ニックス・ピストンズ・ホーネッツの3チーム間トレードで獲得
  • ガブリエレ・プロチダ(SG/SF):2022年2巡目36位でブレイザーズが指名し、その後グラントと2022年2巡目46位指名権のトレードで獲得。※ブンデスリーガのチームと契約。
  • マービン・バグリーⅢ世:3年3,700万ドルで契約延長
  • ケビン・ノックス(ホークス):FAで2年600万ドルで契約
  • ナーレンズ・ノエル:ニックスからのトレードで獲得
  • アレック・バークス:ニックスからのトレードで獲得
  • 2023年2巡目指名権:ニックスからのトレードで獲得
  • 2024年2巡目指名権(ヒート経由):ニックスからのトレードで獲得
  • 600万ドル:ニックスからのトレードで獲得
  • ケンバ・ウォーカー(ニックス)ニックス・ピストンズ・ホーネッツの3チーム間トレードで獲得
  • 2022年2巡目36位指名権:ジェレミー・グラント、2022年2巡目46位指名権とのトレードで獲得
  • 2025年1巡目指名権(バックス経由):ジェレミー・グラント、2022年2巡目46位指名権とのトレードで獲得
  • 2025年2巡目指名権:ジェレミー・グラント、2022年2巡目46位指名権とのトレードで獲得
  • 2026年2巡目指名権:ジェレミー・グラント、2022年2巡目46位指名権とのトレードで獲得

今年もトレードで目まぐるしく選手が動きました。まずは何といってもグラントがブレイザーズにトレード。続いてドラフトでアイビーとデューレンを獲得。またタックス調整でニックスからケンバ・ウォーカーとアレック・バークス、ナーレンズ・ノエルも獲得しています。

トロイ・ウィーバーGM、やり手です。

退団、指名権放出

  • ケリー・オリニク:ボヤン・ボグダノビッチとのトレードでジャズに移籍
  • サベン・リー:ボヤン・ボグダノビッチとのトレードでジャズに移籍
  • ジェレミー・グラント:2025年1巡目指名権(バックス経由)、2025年2巡目指名権、2026年2巡目指名権とのトレードでブレイザーズに移籍
  • 2022年2巡目46位:2025年1巡目指名権(バックス経由)、2025年2巡目指名権、2026年2巡目指名権とのトレードでブレイザーズに移籍

グラントはいなくなったものの、1巡目指名権1本、2巡目指名権2本に交換できたので良いと思います。

最新ロスター(随時更新)

  • PG:ケイド・カニングハム
  • SG:ジェイデン・アイビー
  • SF:サディック・ベイ
  • PF:マービン・バグリーⅢ世
  • C:アイザイア・スチュアート
ベンチ
  • PG:キリアン・ヘイズ、コリー・ジョセフ、ケンバ・ウォーカー
  • SG:アレック・バークス、ハミドゥ・ディアロ
  • SF:ボヤン・ボグダノビッチ
  • PF:
  • C:ジェイレン・デューレン、ナーレンズ・ノエル

スターターもベンチもまだ不透明な印象ですが、若手を中心に才能のあるメンバーがそろってきた感じがします。いよいよプレーオフ出場に向けて下地が整ってきたので、個々のレベルアップやケミストリーの構築を行なうシーズンになりそうです。

2021/22ドラフト後~FA・トレード情報まとめ

2021/22トレード情報ドラフト会議後まとめ

2021/22ピストンズ最新ロスター

オフシーズンにピストンズが行なう3つの動きとは?

ピストンズのGMになったトロイ・ウィーバーってどんな人?

ここ数年で買ってよかったもの(2021年7月7日更新)

Translate »