お勧めの本を紹介します

いままで読んできて面白かった本を紹介していけたらと思っていますので、なんか良い本ないかな?と思ったらたまに覗いて行ってください。

池井戸潤『下町ロケット』シリーズ

https://amzn.to/3caYVUL

池井戸潤の代表作なので今更ここで紹介するのもどうかと思いましたが、やはり面白かったですね。分かりやすさといいますか、とにかく読みやすい。

これまで4巻刊行されていますが、1巻~2巻がドラマ版でいう第一期で、3巻~4巻が第二期にあたります。

1巻が2011年、最新作の4巻は2018年に発表ということなので、人気作家ということもあって次回作を気長に待ちたいと思います。

伊吹有喜『彼方の友へ』

この作品は2017年の第158回直木賞候補にもなっています。舞台は戦前から戦時中の少女向け雑誌を中心とした出版業界で、その時代を生き抜いた女性が90歳になった平成の時代に当時を振り返る・・・というところから物語が始まっていきます。
主人公のキャラクターが朝ドラや少女漫画のヒロインのようなので、その世界観に感情移入できるという方には是非お勧めしたい一冊です。読後感が爽やかなので、勝手にドラマ化、映画化、アニメ化などを妄想してしまいました。朝ドラ好きとしては、健気に頑張るヒロイン像に弱いのです。周りの登場人物と一緒になって応援しながら楽しんでいました。

はらだみずき『海が見える家』シリーズ

このシリーズは『海が見える家』、『海が見える家それから』、『海が見える家が逆風』の3巻まで出ているのですが、密かに映画化かドラマ化があるんじゃないかと期待しています。

入社一ヶ月で会社を辞めた主人公が、疎遠になっていた父親の突然の訃報と、その父親が房総半島の海が見える家で暮らしていたことをはじめて知ります。

生前の父親は、主に別荘の管理をしながら生計を立てていたのですが、主人公もそんな父親の仕事を継ぎながら、魚釣りや野菜作りに挑戦したり、地元の民芸品を販売したりと、力強く生きていこうと成長していく姿が楽しめるお話です。

2022年5月現在、3巻まで出ているのですが、早く続きが読みたい楽しみなシリーズです。

https://amzn.to/3LPa61y

山本甲士『ひなた弁当』

50歳を手前にリストラされた男性が苦悩しながらもやがてお弁当屋として成功する。といった読後感が爽やかなお話です。

最初のリストラが一番の挫折なので、そこを超えたら後は全て上手くいくので安心して読めます。

リストラで途方に暮れた主人公が、タンポポや三つ葉などの野草だったり、川釣りで調達した魚を天ぷらやフライにするなど調理して、やがてお弁当屋として販売にこぎつけていく。といった内容なのですが、正直「こんなに上手く行くわけないでしょ。」とは思うものの、サクサクと成功していく様が気持ちよくてお勧めな本です。

 

 

Translate »