アラバマ州で今年一番売れたNBAジャージはマイク・ビビー

  • 2022年2月22日
  • 2022年2月26日
  • NBA
  • 153view
  • 1件
NBA

というわけで今回も面白い記事を見つけたので取り上げてみます。

マイク・ビビーがマッチョ体型になってることもツッコミたくなりますが、本題に入ります。

マイク・ビビーといえば主に2,000年代に活躍した名ポイントガードで、特にキングス時代を思い浮かべる人が多いかと思います。

当然今は引退しているのですが、アメリカのスポーツ小売業者のLidsにおいて、アラバマ州に限りますが、2021年~2022年にかけて一番売れたNBAジャージがマイク・ビビーだったとのことです。

 

クリックしてよく見ないと分からないかもしれないですが、確かにマイク・ビビーの名前がありました。

他にもモンタナ州のヤオ・ミン、アイダホ州のスティーブ・スミスというのも気になりますね。

何故アラバマ州でマイク・ビビーのジャージが一番売れたのか?という疑問についてですが、これだというような確かな答えはないようです。

考えられるのはアラバマ州の人達がグリズリーズの水色のジャージが好きで、中でも当時人気選手だったマイク・ビビーのジャージが一番売れたのでは?というのが有力なようです。↓

このデザイン懐かしいですね。確かにいま見るとレトロ感がいい感じです。

他の理由として考えられるのは、アラバマ州にLidsの店舗が5店舗、モンタナ州には1店舗しかない。つまり絶対数が少ない。あまり売れていないということもあるようです。

マイク・ビビーは現役時代も引退後もアラバマ州とは何も関係がないのに、それでもジャージが一番売れたという謎の現象・・。

最新のマイク・ビビーはこんな感じだそうです。現在43歳だそうですが、現役時代と比べるとだいぶデカいですね。元気そうでよかったです。

また更新します。最後まで読んでくださってありがとうございました。

フアンチョ・エルナンゴメス主演のバスケ映画『ハッスル』について

ブルズのバイアウト市場ターゲットとは?

2021/22シーズン途中~終了まで(時系列順まとめ)

ここ数年で買ってよかったもの(2021年2月8日更新)

 

Translate »