マーベリックスのターゲットは「セカンダリーボールハンドラー」

NBA
出典:GETTYIMAGES

今回はマーベリックスのオフシーズンについて調べてみようと思います。

先日ぼーる23年間球団社長兼ゼネラルマネージャーを務めたドニー・ネルソンと別れることを発表しました

ドニー・ネルソンのこれまでの功績を振り返ると、チームのレジェンドであるダーク・ノビツキーのドラフトから始まり、2011年のリーグ優勝、近年ではドンチッチをホークスからトレードで獲得するなど、チームに大きく貢献しています。

そんなネルソン氏との別れを決めたということは、キューバンオーナーのこのオフシーズンにかける強い決意が感じられます。

DallasBasketball.comによると、新しい球団社長兼ゼネラルマネージャーにはラプターズのマサイ・ウジリのような人材を望んでいると報道しています。

現在、確認できる候補者の中にはマイケル・フィンリーの名前があり、マイケル・フィンリーが内部から昇格するということも考えられますが、このあたりの人事について今の段階では何ともいえないので続報を待ちたいと思います。

そろそろ本題に入ろうと思いますが、そんなマーベリックスのオフシーズンの動きを予想する記事の中で注目したいのは、今回のタイトルにある「セカンダリーボールハンドラー」。

これはもちろんドンチッチに次ぐボールハンドラーという意味ですが、マブスのオフェンスのほとんどがドンチッチから始まっていることと、試合終盤にドンチッチがガス欠気味になってしまうことを考えると補強ポイントとして腑に落ちます。

というわけでそんなボールハンドラーにふさわしいFA選手やトレードターゲットのニュースを追っていきます。

ケンバ・ウォーカーをトレードで獲得する

出典:GETTYIMAGES

ダラスがケンバ・ウォーカーを獲得する手段はトレードになるわけですが、そのトレードの内容を確認してみましょう。

  • マーベリックス獲得:ケンバ・ウォーカー
  • セルティックス獲得:ジョシュ・リチャードソン、ドワイト・パウエル

これはinquisitr.comに出ていた記事です。このトレードが成立すれば、ドンチッチ、ポルジンギス、ケンバ・ウォーカーのビッグスリー誕生になるわけですが、懸念材料はケンバ・ウォーカーの健康状態です。

出典:HOOPSHYPE

セルティックスはケガがちであと2年重ためな契約の残っているケンバ・ウォーカーと別れたいと言われていますし、見返りがドワイト・パウエルとジョシュ・リチャードソンなら悪い話ではないと思います。

ロンゾ・ボールをトレードで獲得する

出典:USA TODAY Sports

  • マーベリックス獲得:ロンゾ・ボール、スティーブン・アダムス
  • ペリカンズ獲得:クリスタプス・ポルジンギス、ドワイト・パウエル、2022年2巡目指名権、2024年2巡目指名権

出典:HOOPSHYPE

これはthesmokingcuban.comの記事です。ドンチッチとロンゾ・ボールのデュオ誕生となると新鮮です。パウエルよりもアダムスの方が機動力は劣るものの、リム周りのディフェンス力に期待が持てます。

ペリカンズ視点で考えると、ザイオンの隣はアダムスよりもポルジンギスの方がプレイエリアを広げられて相性が良いかもしれません。ただこの場合ペリカンズはポイントガードを見つけてこないといけないですね。でも面白いアイディアだと思います。

FAのマイク・コンリーを獲得する

出典:GETTYIMAGES

出典:HOOPSHYPE

これはinquisitr.comの記事です。ジャズのマイク・コンリーはちょうどこのオフにFAになりますが、ジャズがチームとして好調なのと本人がチームでの役割に満足していたらFAで獲得するのは難しいのではないでしょうか?

ただし、もし獲得出来たらコンリーの方がドンチッチよりもボールシェア率の高いガードですので、ポルジンギスの不満も少しは解消できるかもしれません。

C・J・マッカラムをトレードで獲得する

出典:GETTYIMAGES

  • マーベリックス獲得:C・J・マッカラム
  • ブレイザーズ獲得:クリスタプス・ポルジンギス、将来のドラフト指名権

出典:HOOPSHYPE

これもinquisitr.comからです。マッカラムとポルジンギスはサラリーこそ近いものの、トレードを成立させようとすると、ダラスから複数の条件を加えないと難しいです。

ただもし成立した場合、今回取り上げた中で一番ドンチッチの隣に理想的なボールハンドラー兼スコアラーとして活躍してくれそうです。

ブレイザーズからすればこのオフに何かしらの変化をつけてくるでしょうし、もしかしたらマッカラムもトレードするかもしれません。そうなった場合の見返りを期待するならポルジンギスだけでは難しいので、先程名前の挙がったドワイト・パウエルやジョシュ・リチャードソンなども含まれるかもしれません。

個人的にはマッカラムがダラスに加わったら他のチームからすればかなりの脅威だと思いますし、実際強くなるはずです。

というわけで今回はこの辺で終わりにしようと思います。最後まで読んでくださってありがとうございます。

ウェストブルックのレイカーズトレードの噂を深掘り
ウェストブルックがレイカーズにトレードされるというブリーチャーリポートの記事をトレード成立後のサラリー計算を加えて深掘りしてみました。
テリー・ロジアーのヒート入りの噂を深掘り
ホーネッツのテリー・ロジアーをヒートが狙う?という噂をロジアーのスタッツ、エリア別のシュート成功率、ヒートのトレードパッケージを確認してみました。
ケンバ・ウォーカーのトレード先候補とは
ケンバ・ウォーカーのトレード先の噂が活発化しています。ブルズ、サンダー、キャブス、ペリカンズ、クリッパーズ、ニックスなどがフィットすると見られ、噂が絶えません。
カイル・クーズマとジェラミ・グラントのトレードの噂を検証してみた
カイル・クーズマとジェラミ・グラントのトレードの噂をサラリーと今シーズンのスタッツを添えてどちらが得か検証してみました。
2020/21シーズントレード・FA情報まとめ 
2020/21シーズンに起きたトレード・FA情報をまとめていこうと思います。最終更新2021年5月14日※ツイッターを添付していましたが重たくなってきたので削除しました。
Amazon.co.jp | Fujii Kaze "NAN-NAN SHOW 2020 " HELP EVER HURT NEVER [Blu-Ray] DVD・ブルーレイ - 藤井 風
Amazon.co.jp | Fujii Kaze "NAN-NAN SHOW 2020 " HELP EVER HURT NEVER DVD・ブルーレイ - 藤井 風



NBAランキング

 

 

コメント

  1. […] マーベリックスのターゲットは「セカンダリーボールハンドラー」ダラスはドンチッチに次ぐボールハンドラー兼スコアラーの獲得を望んでいると言われています。そんな補強候補の記 […]

  2. […] […]

Translate »
タイトルとURLをコピーしました