ナゲッツがマイケル・ポーターJrの代わりに獲得すべき選手とは?

NBA
USA TODAY Sports

デンバー・ナゲッツのマイケル・ポーターJrは、背中のケガによって今シーズン全休になる可能性があるようです。

しかもそんなマイケル・ポーターJrに続いてPJ・ドジャーまでもACL断裂という重症によって今シーズン全休が決まりました。

ナゲッツは今年の4月にジャマール・マレーをやはりACLのケガによって欠場を余儀なくされている苦しい台所事情です。ただしマレーはシーズン終盤には戻って来れるかもしれませんが・・・。

デンバーポスト紙によるとナゲッツは、マイケル・ポーターJrに代わる選手をトレードで獲得するとみられ、そのターゲットとなるのは、デトロイト・ピストンズのジョシュ・ジャクソン、オクラホマシティ・サンダーのケンリッチ・ウィリアムズ、ヒューストン・ロケッツのダニエル・ハウスJrになるとのことです。

というわけで今回はこの3人を深掘りしていこうと思います。

ジョシュ・ジャクソン

NBA.com

今シーズンは平均8.4得点、3.8リバウンド、1.9アシストを記録し、主にベンチから出場しています。

昨シーズンは平均13.4得点を挙げていましたが、今シーズンはチーム内での役割が変わってスタッツを見る上では大人しい印象を受けます。

サラリーもルーキー契約の最終年で500万ドルの1年契約という手を出しやすい選手です。マイケル・ポーターJr級の活躍を期待するのは酷ですが、もし獲得できれば良い補強になりそうです。

ケンリッチ・ウィリアムズ

NBA.com

続いてサンダーのケンリッチ・ウィリアムズです。

今シーズンは平均6.6得点、3.4リバウンド、1.8アシストですが、昨シーズンは平均8.0得点、4.1リバウンド、2.3アシストを記録しています。

こちらもマイケル・ポーターJrの穴を埋められるかというと厳しいですが、サラリーが400万ドルの2年契約(今年200万ドル、来年200万ドル)というコスパが良い選手なので、ベンチから他の選手達とシェアしながら起用すれば良い補強になりそうです。

ダニエル・ハウスJr

NBA.com

最後はロケッツのダニエル・ハウスJrです。今シーズンは平均4.5得点、2.5リバウンド、0.9アシストというスタッツを残しています。

ロケッツでは出場機会をあまり得られていませんが、今シーズンはスリーポイント成功率38.1%、フリースロー成功率91.7%と、シューティングに冴えを見せています。

ダニエル・ハウスJrは過去5シーズンのスリーポイント成功率が36.2%と高確率の選手です。そういった意味ではナゲッツのマイケル・ポーターJrが抜けるオフェンス面での不安を補ってくれる可能性があります。

サラリーは389万ドルでなかなかお手頃です。

ではナゲッツが彼らを獲得する上でのトレードパッケージはどんな内容になるか確認してみましょう。

ナゲッツのトレード内容の予想

今シーズンのナゲッツはサラリーキャップの上限をすでに2,200万ドル超えているため、いまのロスターを維持したままで新たに選手を補強するのが難しい状況にあります。

そんな状況なので、もし誰かを放出するとしたら、あまり出場機会を得られていないジーク・ナジやボル・ボル、ボーンズ・ハイランド、あるいはジャマイカル・グリーンなどが候補になるとみられています。

選手以外ならドラフト2巡目指名権などでサンダーと交渉できるかもしれません。

まとめ

今回はナゲッツがあまり資産を出さずにトレードで獲得するのにお勧めな選手という切り口でしたが、もしジェフ・グリーンやカンパッソなどを放出する気があるとしたら、また話は変わってきます。

この2人を放出すると選手層がだいぶ薄くなってしまうので、できれば避けたいところです。

というわけで今回はこの辺で終わりにしようと思います。最後まで読んでくださってありがとうございます。また更新します。

ロケッツはジョン・ウォールを動かせるか
2021年11月上旬、トレードしにくいジョン・ウォール、ケビン・ラブ、ベン・シモンズの契約状況を比較してみました。
エリック・ゴードンのトレード先候補とは?
2021年11月2日現在のエリック・ゴードンのトレード先候補を探してみました。
サンダーが指名権をさらに増やせる2つのトレードとは?
2028年までに1巡目20本、2巡目15本の指名権を保有するサンダーが、さらに指名権を増やすために引き受ける2つのトレード案を追ってみました。
2021/22サンダー最新ロスター
2021/22シーズン開幕前のサンダーのロスターとチームサラリーをまとめてみました。新しい情報が入り次第、随時更新していきます。
2021/22ピストンズ最新ロスター
2021/22シーズン開幕前のピストンズのロスターとチームサラリーをまとめてみました。新しい情報が入り次第、随時更新していきます。
2021/22ロケッツ最新ロスター
2021/22シーズン開幕前のロケッツのロスターとチームサラリーをまとめてみました。新しい情報が入り次第、随時更新していきます。
2021/22ナゲッツ最新ロスター
2021/22シーズン開幕前のナゲッツのロスターとチームサラリーをまとめてみました。新しい情報が入り次第、随時更新していきます。
クリス・ポール獲得直後のサンダーのドラフトピック数について
サンダーが所持する2020年11月17日現在の1巡目指名は6年間で16本。ポール・ジョージ、ウェストブルック、クリス・ポールのトレードで大量に保持しています。

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました