ラウリーのトレード先の最有力候補はシクサーズの噂を深掘りする

NBA
出典:USATODAY Sports

ラプターズのカイル・ラウリーがもしトレードされるとしたら、最有力はシクサーズになるようです。またヒートやクリッパーズも獲得候補になると言われています。

今回はそんなラウリーのトレードの噂を基に、ラウリーの個人スタッツ、各チームが用意できるとされるトレードパッケージを比較・検証してみようと思います。

と、その前に何故ラウリーのトレード先の最有力がシクサーズかというと、ラウリーの出身がペンシルバニア州フィラデルフィアだからです。

ラウリー本人が語ったわけではないですが、トロントで優勝も果たしてますし、キャリアで一度くらいは地元でプレーしたいという気持ちになっても不思議はありません。ラプターズ側も良いトレードのオファーがあってラウリーが望むのなら後押しするかもしれません。

ラウリーの主要スタッツ ※2021年3月4日現在

出典:NBA.com

過去3シーズンと比較しても主要スタッツにあまり変化は見られません。34歳の今でも安定したパフォーマンスを維持し続けています。むしろFG成功率と3PT成功率は上がっています。チームの調子がいまいちなので優勝した2018/19シーズンと比較すると+/-は下がっています。

シュートエリアと成功率について

出典:NBA.com

出典:NBA.com

2020/21シーズンのシュートエリアと成功率についてです。「Restricted Area」はノーチャージングエリアのことを指します。

ポイントガードなのでコーナーよりもトップからスリーを打つ機会が多く、しかも成功率が40%超えは優秀ですね。

ディフェンス面の貢献度

出典:NBA.com

ディフェンス面でのチームへの貢献度を表すスタッツの比較です。「CONTESTED SHOTS」はマッチアップした相手にタフショットを打たせた数になります。

今シーズンはテイクチャージ(オフェンスファウルをもらうこと)がリーグ1位です。まだまだディフェンス面でもリーグトップクラスのガードであることが分かります。

出典:NBA.com

続いてラウリーが1:1でマッチアップしたポジション別のディフェンスの貢献度を表わす数字を前回調べたオラディポと比較してみましょう。

オラディポと比べてしまうとサイズで劣るラウリーの方が分が悪いです。しかしスリーポイントへのディフェンスではラウリーが勝っています。

また「FTA」つまりフリースローを多く与えているということは、大事な場面はファールで止めているということです。こういった危険を察知してファールで止めるゲーム勘みたいなものはさすが優勝経験のあるエリートガードという印象があります。

ここまでがラウリーのスタッツ分析です。

シクサーズ、ラプターズ、キャブスのトレードパッケージ案

ESPNに面白い記事が出ていましたので紹介します。

  • シクサーズ獲得:カイル・ラウリー
  • ラプターズ獲得:アンドレ・ドラモンド、タイリース・マクシー、2021年1巡目指名権(シクサーズ)、2023年1巡目指名権(シクサーズ※保護付き)
  • キャバリアーズ獲得:ダニー・グリーン、マイク・スコット、テレンス・ファーガソン、ヒートの2024年2巡目指名権(シクサーズ経由)

ラウリーもドラモンドもダニー・グリーン、マイク・スコットもみんな今シーズンで契約が切れる選手です。またテレンス・ファーガソンは2年、タイリース・マキシーは5年ですがルーキー契約のため財布に優しい契約です。

シクサーズが本気で優勝を狙いに行く場合はアリではないでしょうか。ただこのパッケージの場合、キャブスの旨味があまりないのが気になりますが・・。

Who Says No? ESPN's Trade Proposal To Send Kyle Lowry to Philly
Would the Toronto Raptors be willing to send Kyle Lowry to the Philadelphia 76ers in this trade package involving the Cleveland Cavaliers and Andre Drummond?

またラウリーのエージェントによれば、ラウリーがトロントを離れたいという発言はしていないようです。↓

というわけで今回はラプターズのカイル・ラウリーについて調べてみました。個人的にはラウリーにはラプターズで引退してほしいと思っていますが、本人が移籍を望んでいる場合はできれば出身地のシクサーズにトレードされてほしいです。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。また更新します。

2020/21ラプターズ最新ロスターまとめ
最新のラプターズのロスターとチームサラリーをまとめてみました。新しい情報が入り次第、随時更新していきます。
2020/21シクサーズ最新ロスターまとめ
最新のシクサーズのロスターとチームサラリーをまとめてみました。新しい情報が入り次第、随時更新していきます。
アンドレ・ドラモンドのチームへの貢献度について
キャブスのドラモンドの主要スタッツやチームへの貢献度(スクリーンアシスト、デフレクション、ルーズボールの確保、タフショットを打たせた回数など)を追ってみました。
created by Rinker
¥1,650 (2021/12/02 02:10:14時点 楽天市場調べ-詳細)
1d0520b3.c739a993.1d0520b4.c08e2460

ブログを書くときに参考にしている本や単純に好きなもののリストです。興味がある方は覗いてみてください。↓

Amazonほしい物リストを一緒に編集しましょう


NBAランキング

コメント

  1. […] ラウリーのトレード先の最有力候補はシクサーズの噂を深掘りするラウリーのトレード先候補の最有力はシクサーズ。ラウリーのオフェンスとディフェンスのスタッツ分析と、いま確認 […]

Translate »
タイトルとURLをコピーしました