ダリル・モーリーがロケッツで行った主なトレードとドラフトまとめ

NBA

今回はシクサーズの新球団社長に就任したダリル・モーリーがロケッツ時代に行なったトレードとドラフトを時系列でまとめてみることにしました。

文字ばかりで見にくいかもしれませんが最後までご覧ください。

ダリル・モーリーとロケッツの関係

まずダリル・モーリーとロケッツとの関係についてですが、モーリーがロケッツのGMを務めた期間は2007年5月~2020年10月までの13年間です。

詳しくは、

  • 2007年5月10日にゼネラルマネージャーに就任
  • 2020年10月15日に辞任

この13年間をロケッツとダリル・モーリー、ドラフト、当時のFAの情報をWikipediaなどで追っていきたいと思います。漏れがあったらごめんなさい。

2007年~2011年までのドラフト&トレード

  • 2007年ドラフト1巡目26位 アーロン・ブルックス
  • 2008年ドラフト1巡目25位 ニコラス・バトゥム

※ロケッツはバトゥムを指名するもすぐにブレイザーズが2巡目33位で指名したジョーイ・ドーシーとダレル・アーサーの2人とトレード。その後ダレル・アーサーは、2008年28位にグリズリーズが指名したドンテ・グリーン獲得のためにトレード。

自分の文章力のせいで分かりにくいのですが、結局ロケッツが獲得した選手は、ジョーイ・ドーシーとドンテ・グリーンの2人です。

  • 2008年オフ キングスからロン・アーテストをトレードで獲得。
  • 2009年ドラフト2巡目32位 ジャーメイン・テイラー

※ロケッツはウィザーズが獲得したテイラーを金銭トレードで獲得。

  • 2009年シーズン中 レイファー・アルストンをマジックにトレードで放出。
  • 2010年2月 ニックスにトレーシー・マグレディを放出

ニックスからはジョーダン・ヒル、ジャレット・ジェフリーズ、2011年と2012年のドラフト1巡回指名権を獲得

  • 2010年7月 ルイス・スコラ、カイル・ラウリーをそれぞれFAで獲得。
  • 2010年ドラフト1巡目14位 パトリック・パターソン
  • 2011年ドラフト1巡目14位 マーカス・モリス
  • 2011年ドラフト1巡目23位 ニコラ・ミロティッチを指名

※その後ウルブス→ブルズに交渉権が移ってミロティッチはブルズと契約。

  • 2011年ドラフト2巡目38位 チャンドラー・パーソンズ

2012年~2016年までのドラフト&トレード

ここからロケッツは大きな賭けに出ます。サンダーとの契約に折り合いがつかなかったハーデンを獲得したからです。

出典:Derick E. Hingle/USA TODAY Sports

  • 2012年オフシーズン ジェームズ・ハーデンをサンダーからトレードで獲得

ロケッツが獲得した選手は、

  1. ジェームズ・ハーデン
  2. コール・オルドリッチ
  3. ラザー・ヘイワード
  4. ディカーン・クック

サンダーに放出した選手と指名権は、

  1. 2012年1巡目12位で指名したジェレミー・ラム
  2. ケビン・マーティン
  3. 2013年ドラフト1巡目指名権(ダラス・マーベリックスが保持していたもの)
  4. 2013年ドラフト1巡目指名権(トロント・ラプターズが保持していたもの)後にスティーブン・アダムズになる
  5. 2013年ドラフト2巡目指名権(シャーロット・ボブキャッツが保持していたもの)を放出。
  • 2012年7月 オマール・アシクと3年2,510万ドルで契約
  • 2012年7月 ラプターズとのトレードでギャリー・フォーブズと2013年1巡目指名権を獲得 ※代わりにカイル・ラウリーを放出
  • 2012年ドラフト1巡目18位 テレンス・ジョーンズ
  • 2013年ドラフト2巡目34位 アイザイア・カナン
  • 2014年7月 トレバー・アリーザ、アロンゾ・ジー、スコッティ・ホプソンをトレードで獲得
  • 2014年ドラフト1巡目25位 クリント・カペラ、2巡目42位 ニック・ジョンソン
  • 2014年12月 ジョシュ・スミスと契約
  • 2015年ドラフト1巡目18位 サム・デッカー、2巡目32位 モントレズ・ハレル
  • 2016年7月 エリック・ゴードン、ライアン・アンダーソンをFAで獲得
  • 2016年ドラフト2巡目37位 チナヌオヌアク、43位 ジョウ・チー

2017年~2020年 マイク・ダントーニ時代のドラフト&トレード

  • 2017年6月 クリス・ポールをクリッパーズからトレードで獲得。

ロケッツが獲得したのはクリス・ポールのみ

クリッパーズに放出した選手と指名権などは、

  1. パトリック・ビバリー
  2. サム・デッカー
  3. モントレズ・ハレル
  4. ルー・ウィリアムズ
  5. ダラン・ヒルヤード
  6. デアンドレ・リギンズ
  7. カイル・ウィルトジュー
  8. 2018年1巡目指名権
  9. 金銭
  • 2017年7月 P・J・タッカーと4年3,200万ドルで契約。
  • 2017年7月 ジェームズ・ハーデンと6年2憶2,800万ドルで契約延長
  • 2017年ドラフト2巡目43位 アイザイア・ハーテンシュタイン
  • 2018年7月 クリス・ポールと4年1憶6,000万ドルで契約
  • 2018年8月 カーメロ・アンソニーと1年240万ドルで契約
  • 2018年ドラフト2巡目46位 デアンソニー・メルトン
  • 2018年12月 オースティン・リバースと契約
  • 2019年6月 ダニエル・ハウス・Jrと3年1,110万ドルで契約延長。
  • 2019年7月 ラッセル・ウェストブルックをトレードで獲得

シーズン開幕前にサンダーとの大型トレードが成立しました。

ロケッツが獲得したのはラッセル・ウェストブルックのみ。

サンダーに放出したのは、

  1. クリス・ポール
  2. 2024年1巡目指名権
  3. 2026年1巡目指名権
  4. 2012年と2025年の2巡目指名権の交換権
  • 2020年2月 ロバート・コビントン、ジョーダン・ベル、2020年2巡目指名権(ウォーリアーズ)獲得

ロケッツが放出したのは、

  1. クリント・カペラ
  2. ジェラルド・グリーン
  3. ネネ
  4. 2020年1巡目指名権

まとめ

ここまでダリル・モーリーがロケッツ時代に行なったドラフトとトレード情報を追ってみましたが、他にもカバーできていないトレード情報は恐らくあると思いますので、思い出したら追記していこうと思っています。

今回も最後まで見ていただいてありがとうございました。

ドック・リバースはシクサーズを変えられるか?
ドック・リバースはエンビードとシモンズのデュオを擁してチームを強くできるか。カギを握るのはシモンズのプレースタイルの変更。ロブシティー時代のクリッパーズのプレーをチームに持ち込むことでシクサーズは強くなるはずという視点でまとめてあります。
シクサーズの2013年~現在までのドラフト・トレード情報まとめ
フィラデルフィア・76ersが2013年から現在まで行ってきたドラフトやトレードの実績を振り返るとともに、今後エンビードとシモンズのデュオ中心にチーム運営していくのか、現地メディアの報道を基に検証していきます。
ウェストブルックとエリック・ゴードンはトレードされるのか?
優勝に届かなかったロケッツがオフシーズンにロスターの変更でウェストブルックとエリック・ゴードンをトレードしてロスターの変更と
ウェストブルックとデローザンはニューヨークに行くのか?
ロケッツがターゲットにしていると噂されるウェストブルックとデローザン。トレードで彼らを獲得するためにニックスが放出すると噂の選手は誰か?両チームのサラリーキャップを確認しながら紹介していきます。
ブルズがデリック・ローズを呼び戻すトレードの噂を検証する
デリック・ローズをブルズに戻すために必要なトレードとは?現状考えられるブルズにとってもピストンズにとってもWINWINな関係のトレード案を探してみました。
スタン・ヴァン・ガンディのキャリアとペリカンズの今後について
ペリカンズのスタン・ヴァン・ガンディのヘッドコーチのキャリアと、今後チームにどんな影響をもたらすかを予想しました。
シクサーズにいるとスリーポイントシュート成功率が下がるのかを調べてみた
フィラデルフィア・76ersに移籍したらスリーポイント成功率が下がる選手がたくさんいるというデータが本当か調べてみました。
created by Rinker
1d0520b3.c739a993.1d0520b4.c08e2460

コメント

  1. […] ダリル・モーリーがロケッツで行った主なトレードとドラフトまとめシクサーズの新球団社長に就任したダリル・モーリーが、ロケッツで成立させたトレードとドラフトを時系列でまと […]

  2. […] ダリル・モーリーがロケッツで行った主なトレードとドラフトまとめシクサーズの新球団社長に就任したダリル・モーリーが、ロケッツで成立させたトレードとドラフトを時系列でまと […]

Translate »
タイトルとURLをコピーしました