2023年ドラフト2位候補のスクート・ヘンダーソンってどんな選手?

今回は2023年ドラフト2位候補と言われている、スクート・ヘンダーソン選手について調べてみようと思います。

もはや1位はビクター・ウェンバンヤマで確定と思われていますが、2位には必ずスクート・ヘンダーソンの名前が挙がっているので調べてみることにしました。

スクート・ヘンダーソンってどんな選手?似ている選手は誰?

スクート・ヘンダーソンは2004年2月3日生まれの18歳。身長188㎝、体重89㎏のポイントガード、現在はGリーグイグナイトに所属しています。

https://twitter.com/nbagleague/status/1577526368631496706?s=20&t=I0okajuRa1G9s2Oz9gwMtg

この動画はビクター・ウェンバヤマが所属するメトロポリタンズ 92 との試合の様子です。この試合でヘンダーソンは28得点、9アシスト、2ターンオーバーという活躍でチームを勝利に導いています。

どうしてもウェンバンヤマばかりに注目が集まってしまいますが、ヘンダーソンも見過ごせない存在ですね。これでまだ18歳とは末恐ろしいです。

そんなスクート・ヘンダーソンをNBA.comでは若いころのデリック・ローズラッセル・ウェストブルックのようと紹介しています。また、theathletic.comではジャ・モラントにも例えられています。

さらにclutchpoints.comの記事ではウェンバンヤマよりもヘンダーソンを1位指名すべきという記事が出ています。理由は近年のドラフト上位指名のビッグマンよりもポイントガードの方が成功しているからだそうです。

確かに2022年2位のチェット・ホルムグレンがケガで離脱していますし、2020年の2位ジェームズ・ワイズマンよりも3位のラメロ・ボールの方が活躍しています。

さらに溯ると2018年の1位エイトンは活躍しているものの、2位のバグリーよりも3位ドンチッチ、5位トレイ・ヤングの方が活躍しています。

近年のNBAで強豪チームになるためには実力のあるポイントガードの存在が欠かせません。

思いつくだけでもステフィン・カリー、デイミアン・リラード、クリス・ポール、カイル・ラウリー、カイリー・アービングなどのベテランの活躍が目覚ましいですし、若手でもルカ・ドンチッチ、トレイ・ヤング、ジャ・モラント、ディアロン・フォックス、ダリアス・ガーランド、ラメロ・ボール、タイリース・ハリバートン、ケイド・カニングハムなどの台頭にも目が離せません。

将来スクート・ヘンダーソンが彼らに名を連ねるような選手になるのかは未知数ですが、それを感じさせる選手であることには間違いありません。

来シーズンにはNBAの舞台で活躍するヘンダーソンの姿を早く観たいですね。

というわけで今回は2023年のドラフト上位候補のスクート・ヘンダーソンについて調べてみました。また更新します。最後まで読んで下さってありがとうございました。

ビクター・ウェンバンヤマ獲得レースについて

Translate »