アービングとディアンジェロ・ラッセルのトレードの可能性について

NBA
fadeawayworld.net

今回はfadeawayworld.netの記事で興味深いものを見つけたのですが、それをもう少し突っ込んだ感じのブログにしていこうと思います。

まずタイトルと写真に釣られて、「それはないでしょ!」とツッコミたくなりますが、記事を読み終えると、このトレード案は割と成立してもおかしくない印象に変わりました。

アービングがトレードされるかもという噂の発端

そもそもアービングがトレードされるかも?という事の発端は、アービングがCOVID-19のワクチン接種を拒んでいることから始まっています。接種するかしないかは本人の意志を尊重したいと思うものの、接種しないとブルックリンのホームゲームに出られないとあっては話が変わってきます。

また、ブルックリンのあるニューヨーク州以外でもワクチン接種をしていない選手がプレーできない州や都市があり、現在分かっているだけでもカリフォルニア州のサンフランシスコ、カナダでも試合出場を認めていないことが判っています。

そうなると少なくともニューヨーク州に本拠地があるニックスネッツ。サンフランシスコが本拠地のウォーリアーズ。それとカナダが本拠地のラプターズが対象になります。

もしアービングがネッツに所属したままだとホームゲームを含む、上記のチームとの45試合に出られないということになります。(ダンクシュートで集計しました。間違ってたらごめんなさい)プレーオフに勝ち進めばさらに苦しくなることは必至です。

ですがミネソタ州にはそういった縛りはないので、もしアービングがウルブスに移籍すれば、ホームゲームに出られるので、5試合程度の欠場で済むことになります。5試合程度ならチームによってはロードマネジメントを行なえば普通の数字です。

そのことを踏まえて考えると、アービングとラッセルのトレードは起きてもおかしくない気がしてきます。

トレードが成立したら両チームともWIN-WINになりうる

ウルブズはアービング、タウンズ、アンソニー・エドワーズによるビッグ3。

ネッツはデュラント、ハーデン、ラッセルによるビッグ3。

ウルブズはアービングの経験値と多くの試合に出られるというメリットがあり、ネッツは試合に出られないアービングの代わりに、元ネッツのスターであるラッセルを獲得できます。

選手として完成度の高さではアービングに軍配が挙がるものの、ラッセルもトレードされるなら過去にプレーしていたネッツなら受け入れやすいはずですし、ネッツのファンからも歓迎されるでしょう。

またネッツにはクオリティーが高くてバスケットボールIQの高い選手がたくさんいます。仮にラッセルがアービングほどのインパクトは残せなかったとしても、周りの選手がそれを補ってくれるはずです。

というわけで今回はアービングとディアンジェロ・ラッセルの1:1トレードの噂を取り上げてみました。割と起こりそうな気がしてきませんか?

今回参考にしたサイトと関連するブログのリンクを貼っておきますので興味のある方はどうぞ。

The Perfect Trade For Kyrie Irving: D'Angelo Russell Returns To The Brooklyn Nets
Kyrie Irving is a player that has frequently been highlighted in the media recently, due to his refusal to get vaccinated for COVID-19. That will prevent him
最新カイリー・アービングのトレードシナリオとは
2021年10月8日現在のカイリー・アービングのトレードの噂を探ってみました。ネッツがワクチン未接種のアービングのトレードを検討したら、どどんなトレードが妥当なのか調べてみました。
9月29日現在のベン・シモンズの3つのトレード先候補
2021年9月29日現在のベン・シモンズのトレード情報の中で、比較的良さそうなのはペリカンズとラプターズとブレイザーズだと思います。元ネタはnbaanalysis.netです。
ウルブズがエルトン・ブランドを獲得したどうなるのか?
エルトン・ブランドがウルブズにフロント入りしたら、ベン・シモンズのトレードが進展しそうです。エルトン・ブランドがシクサーズで行なった契約を振り返ります。
2021/22ティンバーウルブズ最新ロスター
2021/22シーズン開幕前のティンバーウルブズのロスターとチームサラリーをまとめてみました。新しい情報が入り次第、随時更新していきます。
2021/22ネッツ最新ロスター
2021/22シーズン開幕前のネッツのロスターとチームサラリーをまとめてみました。新しい情報が入り次第、随時更新していきます。
Kindleマンガストア コミック | Amazon | アマゾン
コミック・マンガの電子書籍ならAmazon Kindle。ジャンプ・マガジン・サンデーほか、アニメ・ドラマ・映画化で人気の無料漫画も気軽にダウンロード。人気マンガの無料試し読みも簡単。Kindle端末だけでなくスマホ・タブレットのアプリやウェブブラウザでも読めます。



NBAランキング

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました