セルティックスとペリカンズがバランチュナスを狙う?

NBA
出典:GETTYIMAGES

グリズリーズのヨナス・バランチュナスはこのオフシーズンに複数のチームから狙われているようです。

Bleacher Reportの記者はセルティックス、NBA Analysis Networkの記者はペリカンズがバランチュナスの獲得を提唱しています。

というわけで今回はいま現在確認できるバランチュナス獲得のためのトレードパッケージを追っていこうと思います。

Bleacher Reportのセルティックストレード案

出典:GETTYIMAGES

  • セルティックス獲得:ヨナス・バランチュナス
  • グリズリーズ獲得:トリスタン・トンプソン、アーロン・ネスミス、2021年1巡目指名権

出典:HOOPSHYPE

出典:HOOPSHYPE

来シーズンのサラリーだけで見ると金額面では同じくらいです。ネスミスの数字が赤くなっているところはプレイヤーオプション。緑はクオリファイング・オファーです。

出典:NBA.com

出典:NBA.com

上がバランチュナス、下がトリスタン・トンプソンとアーロン・ネスミスの2020/21レギュラーシーズンの成績です。

このスタッツを見るとバランチュナスは得点とリバウンドのダブルダブルをアベレージで残しているので、どうしてもトンプソンとネスミスの2人が見劣りします。そのあたりが1巡目指名権を追加した理由なのでしょう。

ちなみに『tankathon.com』で調べてみたらセルティックスの1巡目指名権は16位になる見込みです。

続いてペリカンズのトレードパッケージを見てみましょう。

NBA Analysis Networkのペリカンズトレード案

出典:GETTYIMAGES

  • ペリカンズ獲得:ヨナス・バランチュナス、カイル・アンダーソン
  • グリズリーズ獲得:スティーブン・アダムス、エリック・ブレッドソー、2021年1巡目指名権、2022年2巡目指名権

出典:HOOPSHYPE

出典:HOOPSHYPE

センター+フォワードとセンターとガードのトレードということになりますね。

出典:NBA.com

出典:NBA.com

上がバランチュナスとカイル・アンダーソンのレギュラーシーズンのスタッツです。2人とも今シーズンの活躍を考えるとだいぶサラリーが上がりそうです。

下はアダムズとブレッドソーです。あまり見た目のことは言いたくありませんが、アダムズはまだ27歳でしたね。

バランチュナスとアダムスを比べると、アウトサイドのあるバランチュナスのほうが現代型というか使い勝手の良い選手でしょうか。

一方のアダムスのプレースタイルはいわゆるオールドスクールタイプですが、リバウンドやスクリーナーとしての仕事をきっちりこなす職人のような選手。また相手チームの選手が倒れたときには必ず手を差し伸べるナイスガイなのでチームメイトにぜひ欲しいです。

ブレッドソーはモラントのバックアップとして考えると申し分のない補強です。

ちなみにペリカンズの2021年の指名権は10位相当になるようです。

Bleacher Reportの記事にもありましたが、個人的にはセルティックスのバランチュナスが見てみたいです。

具体的にはセルティックス時代のホーフォードのような役割をバランチュナスが務めれば、それは確かにセルティックスの底上げに繋がりそうです。

いずれにせよバランチュナスがグリズリーズから出たい場合と、グリズリーズが売りたいと思わない限りはこれらのトレードは成立しません。ただ、トレードが成立したら面白くなりそうだなと思っています。

今回はこれで終わりにします。最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。また更新します。

参考にしたサイトのリンクを貼っておきます。興味のある方はどうぞ。

Celtics Could Acquire Jonas Valanciunas For Nesmith, Thompson & 2021 First-Rounder In Proposed Trade
A recent hypothetical trade idea would feature Jonas Valanciunas heading to the Celtics this summer.
Pelicans Could Acquire Jonas Valanciunas For Eric Bledsoe, Steven Adams & Draft Picks In Proposed Blockbuster
A recent hypothetical trade deal would feature Jonas Valanciunas heading to the Pelicans in the 2021 offseason.
カイル・アンダーソンの今シーズンの活躍を深掘り
グリズリーズのカイル・アンダーソンはMIP候補筆頭ではないが、目立たないながらも非常に効率的な働きをしています。そんなカイル・アンダーソンの今シーズンの成長をスタッツを見ながら追っていこうと思います。
ドレイモンド・グリーンのブレイザーズ移籍の可能性を考える
ドレイモンド・グリーンをリラードとマッカラムが勧誘した?という噂から具体的なトレードパッケージまで出てきたので取り上げてみました。トレード成立後のチームサラリーもまとめてみました。
2020/21シーズントレード・FA情報まとめ 
2020/21シーズンに起きたトレード・FA情報をまとめていこうと思います。最終更新2021年5月14日※ツイッターを添付していましたが重たくなってきたので削除しました。

ブログを書くときに参考にしている本や単純に好きなもののリストです。興味がある方は覗いてみてください。↓

Amazonほしい物リストを一緒に編集しましょう



NBAランキング

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました