スーパースターデュオに最適なFA選手7人

今回は数あるNBAのスーパースターデュオに「2020年にFAになる選手をもう一人加えたら大幅な戦力アップになるはず。」という組み合わせを7つ紹介していきます。元ネタはブリーチャーリポートです。早速行きましょう。

1.エンビードとシモンズのデュオにゴラン・ドラギッチ

出典:Joe Skipper / Associated Press

76ersはベン・シモンズをポイントガード以外で使うオプションも考えているようですが、バックアップポイントガードになる選手がいません。ジョシュ・リチャードソンもボールを運ぶことはできますが純粋なポイントガードではないため、アシスト率が低いためです。そこでこのオフシーズンにゴラン・ドラギッチをロスターに加えることができれば、戦力アップすること間違いありません。

今シーズンのドラギッチは1試合平均28.4分の出場で16.1得点、3.1リバウンド、5.1アシスト、スリーポイント成功率37.7%の好成績を残しています。ドラギッチがポイントガードを務めればシモンズのサイズを活かしたオフェンスやエンビードも自分に引き付けてからのパスが増える可能性が高まるはずです。

2.デュラント、アービングのデュオにポール・ミルサップ

出典:Garrett Ellwood/Getty Images

デュラントとアービングのデュオに加わるスターターは、ルバートやアレン、プリンスが務めることが予想できますが、プリンスはリバウンドでは期待できないため、ベンチから出場させて、代わりにミルサップをスターターで使うというラインナップを試してみるのもいいかもしれません。今シーズンのミルサップのスリーポイント成功率は44%でキャリア最高の確率です。35歳のベテランでありながらディフェンスとリバウンドでもまだまだ期待できるミルサップ。彼を加えることでネッツはプレーオフでも安心して戦えるチームをつくることができます。

3.ハーデンとウェストブルックのデュオにマイヤーズ・レナード

出典:Issac Baldizon / Getty Images

ロケッツにセンターでスリーが打てる選手を加える案です。レナードは1試合平均で2.4本のスリーを打って42.9%の確率で決めています。ハーデンとウェストブルックからのパスを受ければ今シーズンと変わらずに高確率で決められるはずです。ロケッツがディフェンスでサイズ不足を感じた場合はレナードを獲得すれば問題解決となるかもしれません。

4.カワイ・レナードとポール・ジョージのデュオにモントレズ・ハレルが再契約

出典:Michael Owen Baker/Associated Press

ハレルが移籍せずにそのままクリッパーズに残った場合、今まで以上に強力なチームに成長していくはずです。ただしクリッパーズにはハレルと再契約するキャップスペースがないので、オフシーズンにはロスターの整理やトレードなどでキャップスペースを作ってハレルと再契約することが最優先になります。

5.アデトクンポとミドルトンのデュオにダービス・ベルターンス

出典:Gary Dineen / Getty Images

今シーズンのバックスは最高のチーム状態ですが、ブルック・ロペスのスリーポイント成功率が29.6%とやや低調なのと、イリヤソバが今後年齢による衰えることを考えると、ベルターンスが加わることでその悩みを解消できます。もしそうなった場合はNBA最高勝利数の記録を更新しても不思議ではありません。

6.カリー、トンプソンのデュオにドワイト・ハワード

出典:Harry How/Getty Images

シーズンが始まるまではどれだけ活躍できるのかが分かりませんでしたが、今シーズンのハワードはベンチプレーヤーを引き受けて効果的な活躍をしています。センターポジションに不安があって、キャップスペースにも余裕がないウォーリアーズにとってハワードは理想的な存在です。ただし、レイカーズがハワードを手放すことはよほどのことがない限りなさなので、実現しない可能性が高いです。

7.レブロンとアンソニー・デービスのデュオにジョー・ハリス

出典:Yanshan Zhang/Getty Images

レイカーズの唯一の弱点はスリーポイントで、成功率もリーグ17位の35.5%、死闘数も22位で、優勝を目指すチームとしては低調な数字です。ジョー・ハリスはこのオフシーズンで一番の注目選手かもしれません。今シーズン41.2%、昨シーズンは47.4%でスリーを決めています。レイカーズの強力デュオにジョー・ハリスが加われば来シーズンのレイカーズのスリーポイントは大幅に改善されること間違いありません。

まとめ

今回紹介した選手達はスーパースターではないかもしれませんが、ハレル以外は年間で$20Mを超えるような契約の選手ではありません。強力デュオと一緒にプレーすれば、その恩恵を受けて活躍できるはずです。オフシーズンも楽しみです。

今回はブリーチャーリポートのGREG SWARTZ氏の記事を参考にしました。

The Perfect Free Agent for Every Superstar NBA Duo
Finding the perfect role players to place around NBA superstars can be the difference between winning a title and an early playoff exit...
404 NOT FOUND | NBA好き令和おじさん
NBAとあらゆるジャンルの好きなものの情報を発信します。
404 NOT FOUND | NBA好き令和おじさん
NBAとあらゆるジャンルの好きなものの情報を発信します。
404 NOT FOUND | NBA好き令和おじさん
NBAとあらゆるジャンルの好きなものの情報を発信します。
404 NOT FOUND | NBA好き令和おじさん
NBAとあらゆるジャンルの好きなものの情報を発信します。
404 NOT FOUND | NBA好き令和おじさん
NBAとあらゆるジャンルの好きなものの情報を発信します。
404 NOT FOUND | NBA好き令和おじさん
NBAとあらゆるジャンルの好きなものの情報を発信します。
404 NOT FOUND | NBA好き令和おじさん
NBAとあらゆるジャンルの好きなものの情報を発信します。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました