キングスのバディ・ヒールドのトレード候補4チームを深掘り

NBA
Sergio Estrada-USA TODAY Sports

キングスのバディ・ヒールドは、ウォルトンHCの起用法に不満があるとされ、トレードの噂が絶えません。今回はそんなヒールドのトレード候補4チームを順に紹介していくとともに深掘りしていきます。

ニュースソースは『The Athetic』のサム・アミック記者と『HOOPSHYPE』のマイケル・スコット氏のポッドキャストからで、ヒールドのトレード先候補4チームについて議論していました。

フィラデルフィア・76ers

USA TODAY Sports

はじめはシクサーズです。突然のリバースHCの就任で周囲を驚かせたシクサーズ。このチームはスリーポイントに課題があるチームとして周知されています。エンビードとシモンズのデュオにヒールドが加われば戦力アップ間違いなしという声に共感する人も多いはずです。

キングスはヒールドとジャバリ・パーカーをトレードパッケージとして、シクサーズからアル・ホーフォードとジョシュ・リチャードソンをトレードすることを推奨しています。

キングスにホーフォードが加わればフロントコートの選手層の強化の他に、マービン・バグリーやリショーン・ホームズなどの若手のビッグマンのお手本としての活躍が期待できます。またリチャードソンはチームに欠けているウィングディフェンダーとしての活躍が期待されています。

キングスが難色を示した場合には2022年のドラフト指名権の放出も仕方なしと見ているようです。そのくらいヒールドはシクサーズにとって理想的な選手になるようです。

ニューヨーク・ニックス

USA TODAY Sports

続いてはニックスです。ニックスのスリーポイント成功率はリーグワースト4位のため、いつでも優れたシューターの獲得候補になり得ます。

ニックスはRJ・バレットとジュリアス・ランドルがペイントエリア付近で攻撃を仕掛ける機会が多く、ヒールドのようなシューターが加わればスペースを広げられて効率の良いオフェンスを構築することができます。

2023年の1巡目指名権はニックスがとポルジンギス絡みのトレードでマーベリックスから獲得したもので、キングスが難色を示した場合のみ含める取引材料として仮にパッケージに加えたものです。

キングスが2020年8位指名権やミッチェル・ロビンソンなどを含めたトレードを求めた場合は、より複雑なパッケージになりそうです。

メンフィス・グリズリーズ

USA TODAY Sports

グリズリーズはシーディングゲームのスリーポイント成功率が8試合平均で31.7%と低調だったことから、シューターの補強に動くとされています。

気になるグリズリーズのトレードパッケージはこちらです。

ブルックスはヒールドと比較するとディフェンスに優れているだけでなく、今後3年で3,500万ドルという破格の契約を結んでいることも特徴です。

キングスが今後ボグダノビッチやディアロン・フォックスとの再契約にお金が必要なことを考えると、キャップスペースを空けるためにもヒールド放出、ブルックス獲得という話も現実味を帯びてきます。

シャーロット・ホーネッツ

TODAY Sports

最後にホーネッツです。ホーネッツのバックコートにはデボンテ・グラハムとテリー・ロジアーがいいて、そこにヒールドが加わればオフェンシブレーティング28位という効率の悪さから逃れることが期待できます。

 

 

キングスにとってこのトレードパッケージが魅力的なのは、ホーネッツの3位指名権です。キングスがこの獲得した3位指名権でそのままドラフトするも良し、トレードの駒としても良しという選択肢を広げることができるためです。

まとめ

以上が『The Athetic』のサム・アミック記者と『HOOPSHYPE』のマイケル・スコット氏のポッドキャストで交わされた、バディ・ヒールドのトレード候補4チームを掘り下げた内容になります。

ヒールドは得点能力は高いものの所属するキングスに対して相当な不満を抱いていることが公になっているため、放出される可能性が高い選手です。

キングスとしては、不満分子を抱え続けるよりも早くトレードした方が得策かもしれません。

今回参考にしたサイトのリンクを貼っておきます。

Four potential Buddy Hield trade destinations
One of the likelier NBA trade candidates this offseason is Sacramento Kings guard Buddy Hield. We break down four potential destinations.
シクサーズ再生に向けた5つの大胆な行動とは
シクサーズ関連の記事を追っていたら気になったものを見つけたのでブログにしてみようと思います。シクサーズを再生するにはこのくらい思い切ったことをしないと難しいかなと思いました。それでは早速いきます。ブレット・ブラウンの後任にはベッキー・ハ...
ウォーリアーズの2位指名権はトレードされる可能性が高い
2020年の2位指名権を軸に大物FA選手獲得を狙うウォーリアーズ。カリー、トンプソン以外は全員トレード要員の可能性あり。ついにドレイモンド・グリーンも放出か?
オラディポの3つのトレード案と新ヘッドコーチ候補について
ペイサーズのビクター・オラディポにはトレードの噂が絶えません。『8points9seconds.com』のトレード案3つとチャンシー・ビラップスがヘッドコーチになるのでは?という内容をまとめてみました。

NBA専門ではないですが、バスケのことでわからない言葉を調べたいときにおすすめの本です。↓

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました