シクサーズ再生に向けた5つの大胆な行動とは

NBA
Dec 13, 2019; Philadelphia, PA, USA; Philadelphia 76ers guard Ben Simmons (25) and center Joel Embiid (21) slap hands during the fourth quarter of a game against the New Orleans Pelicans at Wells Fargo Center. Mandatory Credit: Bill Streicher-USA TODAY Sports

シクサーズ関連の記事を追っていたら気になったものを見つけたのでブログにしてみようと思います。シクサーズを再生するにはこのくらい思い切ったことをしないと難しいかなと思いました。それでは早速いきます。

ブレット・ブラウンの後任にはベッキー・ハモン

Credit: Mike Ehrmann/Pool Photo via USA TODAY Sports

まだ噂レベルですが、ベッキー・ハモンもこのオフシーズン引く手あまたのようです。

スパーズで2014年からアシスタントコーチを7シーズン務めているハモンは、フルタイムでNBAのコーチに就任した初めての女性です。コーチとしての実力は未知数ですが、2015年のサマーリーグでチームを優勝に導いた実績を残しています。

何よりポポビッチの下で7シーズン過ごした経験は大きいです。スパーズの試合やSNSを観ていると、若手選手の信頼も厚いようです。

もしベッキー・ハモンがシクサーズのヘッドコーチに就任したら、同じくスパーズのアシスタントコーチを長く務めたブレット・ブラウンの仕事の引継ぎもスムーズにいくかもしれません。スパーズファンからすれば耳が痛いものです。

ベン・シモンズをトレードするという決断

Mandatory Credit: Bill Streicher-USA TODAY Sports

ブランドGMはシモンズを出さないと話していますが、実際のところエンビードかシモンズの両方をキープしても強くなるイメージが沸きません。

そこで挙がっていたのがウォーリアーズとのトレード案です。

シクサーズ獲得:アンドリュー・ウィギンス3年9,473万ドル、2020年1巡目2位指名権、2021年1巡目指名権(ウルブス経由)

ウォーリアーズ獲得:ベン・シモンズ3年1憶3,000万ドル

シモンズならウォーリアーズに限らず、魅力的なトレードを引き出せると思います。ウォーリアーズ相手なら2020年の1巡目2位と2021年1巡目の獲得や他の選手の獲得も可能なはずです。

トバイアス・ハリスの契約を売却する

Credit: Kim Klement-USA TODAY Sports

ハリスはとても良い選手に違いありませんが、5年1憶8,000万ドルという契約は今年の成績では大き過ぎると言われても仕方ありません。

良い選手ですが大きすぎる契約が引き取り先を限定してしまいます。ダラスとのトレード案が出ていました。

シクサーズ獲得:ティム・ハーダウェイJr(1年1,897万ドル)、ドワイト・パウエル(3年3,324万ドル)、デロン・ライト(2年1,752万ドル)

マーベリックス獲得:トバイアス・ハリス(4年1憶4,725万ドル)

正直なところハリスのトレードはこの条件では成立しないと思います。もともとがシクサーズ寄りの記事を参考にしているのでそこは無視するとして、なんとか将来の1巡目指名権を1本か2本獲れる相手を探したいものですね。

マティス・サイブルかシェイク・ミルトンの内、サイブルを選択する

出典:USA TODAYスポーツ

サイブルとミルトンの両方をキープしてもいいと思いますが、この記事ではサイブルの選択を推奨しています。サイブルはディフェンダーとして評価を上げている選手で、ミルトンよりも将来的に考えて他の選手との互換性があるとみなされているようです。

アル・ホーフォードの引き取り先を見つけてトレードする

ホーフォードの残り3年8,100万ドルという契約を引き取ってもいいというチームはなかなか見つからないと思います。

そこでシクサーズはホーフォードとミルトン、2021年の1巡目指名権をセットにしてトレードを成立させるべし。という案がありました。この2021年の1巡目指名権は、前述したシモンズのトレードで獲得した架空のものです。

つまりそのくらい今のシクサーズの契約はまずいことになってるということです。

まとめ

これはHOOPSHYPEからデータを引っ張ってきたものですが、エンビード、シモンズ、ホーフォード、ハリスの4人だけで2020/21シーズンのラグジュアリータックスの上限である、1億3262万7000ドルに迫る勢いです。2023/24シーズンになってやっと1人スターをリクルートできるかな?というレベルです。

選手時代のエルトン・ブランドには好感を持っていましたが、GMとしての印象はあまり良くありません。立て続けにシクサーズ関連のブログを2本書いたので次は違うものを書こうと思います。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

今回参考にしたサイトのリンクを貼っておきます。

Five bold moves to fix the Philadelphia 76ers
With Brett Brown out as head coach, the 76ers will need to approach the offseason with a clearer picture on how to improve the team and become a true contender.
シクサーズの2013年~現在までのドラフト・トレード情報まとめ
フィラデルフィア・76ersが2013年から現在まで行ってきたドラフトやトレードの実績を振り返るとともに、今後エンビードとシモンズのデュオ中心にチーム運営していくのか、現地メディアの報道を基に検証していきます。
シクサーズにいるとスリーポイントシュート成功率が下がるのかを調べてみた
フィラデルフィア・76ersに移籍したらスリーポイント成功率が下がる選手がたくさんいるというデータが本当か調べてみました。

ダンクシュート10月号は今シーズンの選手の評価とケガ人の最新情報が載っていました。

コメント

  1. […] シクサーズ再生に向けた5つの大胆な行動とはシクサーズ関連の記事を追っていたら気になったものを見つけたのでブログにしてみようと思います。シクサーズを再生するにはこのくらい […]

Translate »
タイトルとURLをコピーしました