ネッツとニックスのポール・ジョージトレード案を深掘り

NBA

カンファレンスセミファイナルで敗れたクリッパーズはドック・リバースとも別れ、チームは大幅な再編に向かうだろうと言われています。

シーズン前まではレナードとジョージのデュオは優勝候補筆頭とも言われ、前評判が高かったクリッパーズですが、最後までかみ合っているとは言えないパフォーマンスでシーズンを終えました。

そんなチームで一番の放出候補とみられているのがポール・ジョージです。ポール・ジョージはプレーオフで深刻なシュートスランプに陥るなど、一貫性に欠けるプレーを見せたせいもあって、ファンの信頼を失いかけています。

今回はそんなポール・ジョージが放出される噂のあるネッツとニックスのトレード案を深掘りしてみます。

ネッツとのトレード案

 

このトレード案は『bleacherreport.com』からです。

Trades to Rescue NBA's Ringless Stars
Winning an NBA championship is hard, in no small part because of the fact that it takes so many different pieces working in unison to make it happen. First,...

クリッパーズ側とネッツ側のメリットを見ていきます。

クリッパーズ側のメリット

このトレードの目玉はルバートで、ポール・ジョージの代わりにスターになる可能性を秘めています。アレンはフロントコートのディフェンスを強化する狙い。ディンウィディーはスターターでもベンチからでもチームにアクセントをつけるだけでなく、ゲームメイクもできるため重宝します。

またクリッパーズはポール・ジョージやマーカス・モリスを獲得するために指名権を大量に放出しているため、1巡名指名権の獲得も希少価値が高いです。

  • ポール・ジョージ関連 1巡目指名権2021(マイアミ経由)、2022、2024、2026、2023と2025の1巡目指名権を交換する権利
  • マーカス・モリス関連 1巡目位指名権
ポール・ジョージのトレードが正式に決定! | NBA Rakuten
NBAを観るなら【NBA Rakuten】!ロサンゼルス・クリッパーズとオクラホマシティ・サンダーとのトレードが正式に成立し、ポール・ジョージのクリッパーズ入りが確定した。クリッパーズのバスケットボール運営部門代表のローレンス・フランク氏による
ネッツ側のメリット

ネッツはデュラントとアービングのデュオに3人目のスターを加えるだろうと言われていますが、ポール・ジョージならその希望を叶えることができます。

ポール・ジョージが個人スタッツを追わなくても良いのであれば、かつてのマイアミのビッグスリーの一角、クリス・ボッシュのような役割を受け入れることでチームに貢献できます。

またアービングがボールハンドラーになるため、ポール・ジョージはディフェンスやシュートに集中することができ、サンダー時代のMVP投票3位になったシーズンのような高いシュート成功率を期待することができます。

ニックスとのトレード案

このトレード案は『nbaanalysis.net』の記事からです。

This Knicks-Clippers Deal Would Send Paul George To New York
This extremely intriguing blockbuster trade between the Knicks and Clippers would send Paul George packing off to New York.
クリッパーズ側のメリット

このトレードの目玉はR・J・バレットです。バレットにポール・ジョージと同じ活躍を期待するのは酷なことですが、元々はNCAAでチームメイトのザイオンと一緒にデューク大を決勝に導くなどの活躍もあって、1位指名も噂されたほどの選手です。ニックスのチームの成績が振るわなかったためかオールルーキーチーム入りは逃しましたが、まだ伸びる可能性は充分にあります。

またクリッパーズとしてはミッチェル・ロビンソンが欲しいところですが、1巡目8位指名権も魅力に感じるはずです。他にもエルフレッド・ペイトンのようなパス優先型のポイントガードも今のクリッパーズには重宝するはずです。

ニックス側のメリット

ニックスがポール・ジョージを獲得したら、カーメロ・アンソニー以来のスターの獲得になります。これまでニックスはFAでスター選手にそっぽを向かれるかたちでふられっぱなしです。

バレットのようなフランチャイズプレーヤーを放出した場合、またファンから批難を浴びる可能性が高いので、ポール・ジョージの他にあと1人でもビッグネームを獲得したいところです。

今のところ噂があるのはクリス・ポール、ウェストブルック、オラディポなどの名前が挙がっています。もしできることなら、ウェストブルックとポール・ジョージのデュオをニューヨークで。と妄想してしまいます。

まとめ

クリッパーズがポール・ジョージを放出するという具体的な話は出ていませんが、翌シーズンにレナードとジョージが同じタイミングでFAになったときに、チームが優勝かファイナル進出を逃したとしたら、さらにチーム状況が悪化することに間違いありません。

そうならないようにポール・ジョージが選手として価値の高い内にトレードして見返りを得るということも充分に考えられます。

今後もクリッパーズの動きに注目していきます。最後まで読んでくださってありがとうございました。

ビリー・ドノバンHCの5シーズンとサンダーのその後について
サンダーのヘッドコーチを率いた5年間すべてでチームをプレーオフに導いたビリー・ドノバン。サンダーGMサム・プレスティとは現在も良好な関係の様子。ドノバンHCが指揮した5年間のロスターの変化をまとめてみました。
ウェストブルックとデローザンはニューヨークに行くのか?
ロケッツがターゲットにしていると噂されるウェストブルックとデローザン。トレードで彼らを獲得するためにニックスが放出すると噂の選手は誰か?両チームのサラリーキャップを確認しながら紹介していきます。
ウェストブルックとエリック・ゴードンはトレードされるのか?
優勝に届かなかったロケッツがオフシーズンにロスターの変更でウェストブルックとエリック・ゴードンをトレードしてロスターの変更と
クリス・ポールのためにバックスが用意できる3つトレードパッケージ
クリス・ポール獲得が噂されるバックスが現状で用意できる3つのトレードパッケージをチームサラリーを確認しながら紹介できるようにまとめてみました。
クリス・ポールのためのシクサーズの3つのトレードパッケージ
クリス・ポールの獲得が噂されるシクサーズ。そのシクサーズが用意できる3つのトレードパッケージをチームサラリーを確認しながら紹介できる内容にまとめてみました。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました