ブレイザーズがオフシーズンに狙うべき選手1

NBA

今回はブレイザーズのオフシーズンに着目してみようと思います。

ブレイザーズの2019/20シーズンは、プレイオフに進出したもののディフェンスレーティング114.3で27位というディフェンスに課題のあるチームでした。これはヌルキッチとコリンズがケガで欠場した代わりにホワイトサイドとカーメロが出場したことが要因のひとつと考えられています。

2020/21シーズンはヌルキッチとコリンズが戻ってくるため、このディフェンスは改善する見込みではありますが、依然として課題であることに間違いありません。

そこで今回は、ブレイザーズの現在のチームサラリーや契約を確認するとともに、このディフェンスを改善できるであろう選手達を中心にピックアップしていこうと思います。

尚、今回参考にするサイトは『ripcityproject.com』ですので、興味がある方はそちらをご確認ください。

ブレイザーズの契約状況

出典『HOOPSHYPE』

2020/21シーズンのNBAのタックスレベルは1憶3,267万7,000ドル($132,677,000)です。この金額を超えるとリーグにラグジュアリータックスを支払うことになります。詳しくはこちらをご確認ください。

2019-20シーズンのサラリーキャップが決定
2019-20シーズンのサラリーキャップは1億914万ドル、ラグジュアリータックスが科せられる来季のタックスレベルは1億3262万7000ドルに決定した。

それを踏まえると来シーズンにブレイザーズが補強のために自由に使えるお金は、約2,173万ドルになります。つまりトレードで選手の放出をしなければ、この金額以内でホワイトサイドやカーメロなどの再契約などの問題に対処していくことになるわけです。

また、来シーズンのチームサラリーは2019/20シーズンと同じ1億914万ドルという話もあります。そうなった場合さらに苦しいオフシーズンになってしまいます。

いずれにせよ限られた資産の中で補強しなければいけないため、渋めのラインナップです。まずはガード部門から追っていきます。※2019/20シーズンのサラリーも記載しておきます。

FAでおすすめのガード

(Photo by STR / AFP) / China OUT (Photo by STR/AFP via Getty Images)

  • ジェレミー・リン(北京ダックス)不明。推定年俸500万ドル
  • タイラー・ジョンソン(ネッツ)183万ドル
  • ラウル・ネト(76ers)173.7万ドル
  • アロンゾ・トライアー(ニックス)355万ドル
  • エマニエル・ムディエイ(ジャズ)173.7万ドル

ベテランから若手まで様々ですが、あまり高額な契約にはならなそうなラインナップです。ブレイザーズでの役割はバックアップになるはずですが、リラードやマッカラムがオフェンスを組み立てることを考えると、ディフェンスが上手くてスリーが得意な3&Ⅾタイプが重宝されるのではないでしょうか。

それを踏まえるとジェレミー・リンだけ毛色の違う選手のように思えてきます。またNBAでリンが活躍するところは見たいものですが・・。

Portland Trail Blazers: Five perfect point guards to sign in Free Agency
The Portland Trail Blazers struggled for shot creation on the second unit in 2019/20. Which point guards could they sign to reinforce the bench unit? To be...

FAでおすすめのウィング

(Photo by J Pat Carter/Getty Images)

  • アンドレ・ロバーソン(サンダー)1,074万ドル
  • ジョナ・ボルデン(76ers)169.4万ドル
  • ハリー・ジャイルズ(キングス)257.8万ドル
  • マーキーフ・モリス(レイカーズ 225.9万ドル
  • トーリー・クレイグ(ナゲッツ)200万ドル

ウィングの選手もなかなか渋めのラインナップです。全員安価での契約が見込めて、ディフェンスが得意な選手ばかりです。

クレイグはプレイオフの活躍から高騰することが予想されており、800万ドルの3年契約になるのではと言われています。逆にケガから復帰したロバーソンはいまの実力が未知数なので安価になりそうです。

ブレイザーズにはケガから復帰見込みのロドニー・フッドやカーメロ、アリーザなどのベテランのウイングもいますので、複数のポジションにアジャストできるディフェンダーの獲得が好ましく思います。

Portland Trail Blazers: 5 Free Agents to sign in 2020 Free Agency
The Portland Trail Blazers won't have cap space this season, but they will have the midlevel exception. Which free agents could they use this on? The way t...

おすすめのパワーフォワード/センター

(Photo by Michael Reaves/Getty Images)

  • ジャマイカル・グリーン(クリッパーズ)500万ドル
  • エド・デイビス(ジャズ)500万ドル
  • エネス・カンター(セルティックス)505万ドル
  • ポール・ミルサップ(ナゲッツ)0ドル ※2019/20シーズン3,035万ドル
  • サージ・イバカ(ラプターズ)0ドル ※2019/20シーズン2327.1万ドル

ジャマイカル・グリーンはストレッチ4、もしくはスモールラインナップでセンターとしてもプレーできますし、現在所属するクリッパーズがキャップスペースに余裕がないことを考えると放出される可能性があります。500万ドルというサラリーもブレイザーズにとっては魅力的です。

デイビスとカンターは、元々ブレーザーズに所属していた選手のため、チームのシステムに適合することが容易なはずです。

ミルサップも年齢を考えると大幅な減額が予想され、ブレイザーズでも手が届くかもしれません。

イバカはラプターズ契約延長できなかった場合、人気の集中する選手になるはずで、ブレイザーズが獲得することは難しいと思います。

Portland Trail Blazers: Three lockdown defenders to sign in Free Agency
The Portland Trail Blazers had one of the worst team defenses in the NBA in 2019/20. Which three defenders could they sign to right the ship for 2021? The ...

ドラフト16位指名権について

ブレイザーズの2020年のドラフトは16位なので、この16位を使ってトレードに打って出るのもアリではないでしょうか。ブレイザーズにとって良さそうなトレード案を見つけたので共有します。

 

アリーザとサイモンズと16位指名権でウーブレイ・Jrやマルッカネンが獲れたらブレイザーズにとっては良い話ですが、どちらも実現しなさそうですね。

3 scenarios for the Portland Trail Blazers to trade their 2020 NBA Draft pick
The Portland Trail Blazers have the 16th pick in the 2020 NBA Draft. Firmly in win-now mode, what are three trades they could make to bring in a forward? T...

まとめ

これまでポジション別にFAやトレードでブレイザーズが獲得できそうな選手を追ってみましたが、ブレイザーズのシーディングゲームの様子を振り返ると、ケガ人が戻ってきたらまたプレーオフでも上位を狙えるチーム力は充分に備わっているという印象があります。

ブレイザーズのフランチャイズプレーヤーを大事にするチームカラーには好感が持てます。願わくばリラードとマッカラムのデュオは解体せずに、カーメロも維持した状態の来シーズンが見たいものです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。また不定期で更新したいと思います。

シーディングゲームTOP10プレーヤーカウントダウン
NBAシーディングゲームのMVPと1stチーム、2ndチームが発表になりましたが、『HOOPSHYPE』でトップ10プレーヤーを選出していたので紹介します。
シーディングゲームの76ers戦でペイサーズのTJ・ウォーレンが躍動
NBAシーディングゲームでペイサーズのTJ・ウォーレンがシクサーズ戦でキャリアハイの53得点を叩き出して勝利に貢献。チームにとって大事な初戦を勝利で飾った。
スリム化したカーメロはスモールフォワードで活躍できるか?
ウェイトコントロールでだいぶスリムになったカーメロ・アンソニー。適正体重のスモールフォワードでプレーすれば今よりもっと活躍できるはず。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました