シクサーズにいるとスリーポイントシュート成功率が下がるのかを調べてみた

NBA

今回はシクサーズのコミュニティーサイト、『SB NATION』の中から面白いものを見つけたのでピックアップしてみました。

2020年8月2日に発信したもので、「どんな選手もシクサーズにいるとスリーポイント成功率が下がるのに、他のチームに行くと成功率が上がる選手が多い」と現状を嘆く内容です。

ことの発端はマブスに移籍したトレイ・バークがロケッツ戦でスリーを8/10本も決めたためだそうです。

Daniel Olinger on Twitter
“Oh I see, Trey Burke is doing that thing again when a player leaves the Sixers and suddenly remembers how to shoot again Excuse me while I go slam my head in ...

シクサーズに移籍してからスリーポイント成功率が下がった選手

  • トバイアス・ハリス 43.4% → 33.3%
  • ジョッシュ・リチャードソン 35.7% → 32.6%
  • アル・フォーホード 36・0% → 34.0%
  • グレン・ロビンソンⅢ 40.0% → 28.6%
  • アレック・バークス 37.5% → 36.5%

2019/20シーズンからシクサーズに移籍してきた選手達なので、はじめはコンビネーションの問題から成功率が下がるのも致し方ないと思いますが、ちょっと心配になるデータです。

シクサーズから移籍してスリーポイント成功率が上がった選手

  • ダリオ・シャリッチ 30.0% → 34.6%
  • サディアス・ヤング 30.8% → 35.6%
  • JJ・レディック 39.7% → 45.1%

3人ともシクサーズ時代よりも成功率を上げています。特にレディックはペリカンズで大幅に確率を上げています。

成功率が変わらなかった選手

  • ローバート・コビントン 39.0% → 33.9%
  • ジミー・バトラー 33.8% → 24.8%

データを見るとコビントンとバトラーはスリーポイントだけに限ればシクサーズのオフェンスにフィットしていたことになります。

まとめ

データだけに注目すると、ほとんどの選手がシクサーズにいるとスリーポイント成功率が下がる傾向にあるようです。

ただしフルカン・コルクマズやシェイク・ミルトンのように高いスリーポイント成功率を維持している選手もいるため、シクサーズのオフェンスに問題があるとは一概には言えません。

シーディングゲームやプレーオフでこの問題がすぐに解消されるとは思えないので、オフシーズンに補強したり、シモンズの成長やエンビードのパスの向上など、中長期的な改善が必要になってくるでしょう。

今回参考にしたリンク先とシクサーズ関連のブログです。↓

Do players actually shoot worse when they play for the 76ers?
It sure feels like it.
クリス・ポールのためのシクサーズの3つのトレードパッケージ
クリス・ポールの獲得が噂されるシクサーズ。そのシクサーズが用意できる3つのトレードパッケージをチームサラリーを確認しながら紹介できる内容にまとめてみました。
シクサーズの2013年~現在までのドラフト・トレード情報まとめ
フィラデルフィア・76ersが2013年から現在まで行ってきたドラフトやトレードの実績を振り返るとともに、今後エンビードとシモンズのデュオ中心にチーム運営していくのか、現地メディアの報道を基に検証していきます。

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました