ディンウィディーとクーズマ、ハレルのトレードの噂について

NBA
出典:Getty Images

間もなくFA交渉解禁となりますが、ウィザーズがネッツのスペンサー・ディンウィディー獲得のために先日獲得したカイル・クーズマモントレズ・ハレルをトレードするという噂があります。

今回はそのトレードの噂をもう少し深掘りしていこうと思います。

スペンサー・ディンウィディーについて

出典:NBA.com

ディウィディーの直近3シーズンのスタッツを確認すると、2020/21シーズンはケガの影響で3試合しか出場していません。しかしその前のシーズンは平均20得点以上を記録し、カイリー・アービングとも同時に出場して共存できることを証明しています。

ただネッツはその後ハーデンを獲得したため、ディウィディーの出場時間は減少するものと見られています。

現在28歳のディンウィディーは今回が大型契約を結ぶ最後のチャンスになるかもしれません。彼の獲得に興味を示しているチームは複数あり、その中の候補のひとつであるウィザーズが移籍先筆頭ではないかと言われています。

ウィザーズのロスターについて

ウェストブルックのトレード成立後のウィザーズのロスターと2021/22シーズンのサラリーを確認してみましょう。

  • ブラッドリー ビール( SG)3,590万ドル
  • ダービス・ベルターンス(SF)1,500万ドル
  • ケンタビオス・コールドウェル・ポープ(SG)1,304万ドル
  • カイル・クーズマ(PF)1,300万ドル
  • モントレズ・ハレル(C)972万ドル
  • トーマス・ブライアント(C)830万ドル
  • 八村塁(PF)470万ドル
  • デニ・アヴディア(SF) 460万ドル
  • アーロンホリデー(PG)398万ドル
  • コーリー・キスパート(SF)274万ドル
  • チャンドラーハッチソン(SF)170万ドル
  • ダニエル・ギャフォード(PF)150万ドル
  • アンソニー・ギル(PF)120万ドル
  • ケイレブ・ハムリー(SG)110万ドル
  • アイザイア・トッド(PF)160万ドル

FA

  • ロビン・ロペス(C)
  • イシュ・スミス(PG)
  • ラウル・ネト(PG)
  • アレックス・レン(C)
  • アイザック・ボンガ(SF)
  • カシアス・ウィンストン(PG)
  • ギャリソン・マシューズ(SG)

こうしてみるとガードの選手、特にポイントガードが少なくなりました。確かにここにディンウィディーが加わればチーム力はアップしそうです。

少し気になるのはフロントコートの選手が過多になっていることです。そうなるとクーズマとハレルがトレードされるかも?という噂が出るのも仕方がありません。

ネッツのロスターについて

  • ジェームズ・ハーデン(SG)4,280万ドル
  • ケビン・デュラント(SF):4,110万ドル
  • カイリー・アービング(PG)3,410万ドル
  • ジョー・ハリス(SG)1,880万ドル
  • デアンドレ・ジョーダン(C)1,000万ドル
  • キャメロン・トーマス(SG)160万ドル
  • ニコラス・クラクストン(PF)140万ドル
  • アリーゼ・ジョンソン(PF)140万ドル
  • ティモテー・ルワウ・キャバロ(SG)120万ドル
  • キャメロン・トーマス(PG/SG)2021年27位:164万ドル
  • デイロン・シャープ(C)2021年29位:162万ドル
  • ケスラー・エドワーズ(SF)2021年44位:契約金不明
  • レイクワン・グレイ(SF/PF)2021年59位:契約金不明

FA

  • スペンサー・ディンウィディー(PG)
  • ジェフ・グリーン(PF)
  • タイラー・ジョンソン(SG)
  • ブルース・ブラウン(SG)
  • ブレイク・グリフィン(PF)
  • マイク・ジェームズ(PG)
  • レジー・ペリー(C)
  • クリス・チオーザ(PG)
  • ジェボン・カーター(PG)

ネッツはハーデン、アービング、デュラント、ジョー・ハリスなどの昨シーズンのスターターがロスターに残っているので、クーズマとハレルが加わるとそれだけで選手層のアップが期待できます。

グリフィンやジェフ・グリーンとの契約を延長できればさらに盤石になりそうです。

ディンウィディーは八村とトレーニングを一緒にした際に好印象を抱いているようなので、ス言った意味でもウィザーズへの移籍はあるかもしれません。

今回はこれで終わりにします。最後まで読んでくださってありがとうございました。参考にしたサイトと関連するブログのリンクを貼っておきますので興味のある方はご覧ください。

NBA Rumors: Wizards Could Trade Kyle Kuzma And Montrezl Harrell To Land Spencer Dinwiddie
The Washington Wizards aren't done making moves this offseason. They already shipped Russell Westbrook to Los Angeles Lakers to start building around All-Star
NBA Rookie Scale - RealGM
NBA Rookie Scale - RealGM
2020/21シーズン終了~ドラフト後のFA・トレード情報
2020/21シーズン終了後~2021年ドラフト後のトレード情報を更新します。
ディンウィディーの移籍先最有力候補はレイカーズかクリッパーズか
ディンウィディーは出身地のロサンゼルスを移籍先に希望しているようです。レイカーズとクリッパーズのどちらが移籍先に適しているか調べてみました。
モントレズ・ハレルの移籍先候補とは?
モントレズ・ハレルはレイカーズから出て移籍先を探すことが濃厚なようです。噂ではホーネッツ、キングス、マジック、スパーズあたりが獲得候補になるのでは?と言われています。
50-40-90クラブ達成のカイリー・アービング最終成績
2020/21シーズンに50-40-90クラブに届きそうな選手をまとめてみました。4月13日の時点ではアービングが最も達成に近いポジションにいます。最終結果もアービングのみ達成でした。
ネッツがターゲットにするフロントコートの選手とは?
ハーデンのトレードによって駒不足になったネッツが次にターゲットにする選手は誰か?ディンウィディーの契約の半分にあたる570万ドル相当で契約できるお勧めの選手をまとめました。



NBAランキング

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました