ケビン・ラブのトレード先候補

NBA
出典:Getty Images

というわけで今回はキャバリアーズのケビン・ラブのトレード先候補を探っていこうと思います。

ケビン・ラブは2018年に4年1憶2,000万ドルの契約を交わしたものの、今シーズンは特に本人の度重なるケガなどによって不本意なシーズンを送っています。不振が続くとチームとしてもトレード先が見つけられず、難しい状況が続いていましたが、やっとラブのトレードの話が現実味を帯びてきたようです。

ラブのスタッツと契約について

出典:NBA.com

出典:HOOPSHYPE

今シーズンのラブは平均24.9分の出場で12.2得点、7.4リバウンド、2.5アシストを記録していますが、前年と比較するとだいぶスタッツが落ちていますし、特にフィールドゴール成功率40.9%はちょっと低いです。(ただしFGA10.1本中、3PAが6.2本なので、低くなるのは仕方ないかもしれません。)

ラブがトレード対象になるのはサラリーとチームへの貢献度が比例しないこともありますが、試合中に何度か集中力が切れて、あり得ないような行動を取ってしまったことも原因ではないでしょうか。

本人もその後謝罪コメントを出していたので尾は引くものではなかったのかもしれませんが、そろそろチームとしても本人のためにもチームと別れる時期だと思います。

今回はsportsnaut.comにケビン・ラブのトレード案が出ていたので気になるものをピックアップして深掘りしていきます。

スパーズとのトレード案

出典:GETTYIMAGES

  • スパーズ獲得:ケビン・ラブ、コリン・セクストン、将来の1巡目指名権
  • キャバリアーズ獲得:ヤコブ・ポートル、デリック・ホワイト

出典:HOOPSHYPE

チームサラリーにゆとりがあるスパーズ。さらには得点力不足とスリーポイントに難があるのでラブとセクストンが加われば得点力が増しそうです。ホワイトとポートルが抜けると逆にディフェンスに問題が出てきそうな気もしますが、キャブスの将来の1巡目指名権がドラフトロッタリーに加わるようなものならスパーズも動くかもしれません。

キャブスはラブの契約を手放せるだけでなく、リムプロテクターと球離れの良いコンボガードを獲得するのでこちらも悪くない気がします。

ブレイザーズとのトレード案

出典:NBA.com

  • ブレイザーズ獲得:ケビン・ラブ、ラリー・ナンスJr、2022年1巡目指名権
  • キャバリアーズ獲得:ロバート・コビントン、ユスフ・ヌルキッチ、デリック・ジョーンズJr

出典:HOOPSHYPE

これはブレイザーズにとってはあまり良い内容に思えません。ラブの契約を受け取ると他に補強できなくなりますし、いくらラリー・ナンスJrとキャブスの2022年1巡目指名権が手に入るからといって、安易にラブを引き受けない方がいいでしょう。

またラブが高校までポートランドのあるオレゴン州で育ったいうこともあって、本人もいずれはブレイザーズでプレーしたいと発言しているので何かとトレード先にブレイザーズの名前が出てきます。いつかはラブがブレイザーズでプレーする機会を見てみたいですが、今の契約を終えてFAで移籍するか、キャブスをバイアウトして移籍するかであれば見たいといったところでしょうか。

キャブスはセクストンがいなくなってしまうので2021年のドラフト4位でゴンザカ大のポイントガードのジェイレン・サッグスが残っていれば指名したいです。それが無理ならFAかトレードでやはりポイントガードを獲得したいところです。

レイカーズとのトレード案

出典:USA-TODAY

  • レイカーズ獲得:ケビン・ラブ、コリン・セクストン
  • キャバリアーズ獲得:カイル・クーズマ、モントレズ・ハレル、ケンタビオス・コールドウェル・ポープ、将来の1巡目指名権

出典:HOOPSHYPE

レイカーズはシュルーダーが出ていった場合のポイントガードの補強をセクストンで補い、ラブがADの横でストレッチ4としてプレーすればフィットしそうな感じがします。

クーズマとハレルはもともと他のチームへの移籍をほのめかしているので出ていくのは致し方ないです。ただKCPが抜けるとディフェンス面に問題がありそうです。

逆にキャブスは4位指名のルーキーにガーランド、KCP、オコロ、クーズマ、ジャレット・アレン、さらにはハレルも加わるので一気に戦力アップになりそうです。

他にもセルティックスとのトレード案もありましたがケンバ・ウォーカーがまだトレードされる前の記事だったので割愛しました。

今回はこの辺で終わりにします。最後まで読んでくださってありがとうございます。関連する記事とブログのリンクを貼っておきますので気になる方はどうぞ。

4 ideal Kevin Love trade scenarios
Rumors are coming hot and heavy out of Cleveland that the Cavaliers will look to trade five-time All-Star big man Kevin Love. It's not going to be an easy
2020/21シーズントレード・FA情報まとめ 
2020/21シーズンに起きたトレード・FA情報をまとめていこうと思います。最終更新2021年5月14日※ツイッターを添付していましたが重たくなってきたので削除しました。
ジョン・ウォールとケビン・ラブのトレードは検討すべきか?
ジョン・ウォールとケビン・ラブのトレードの噂を個人成績とサラリーの面から検討してみました。カギはロケッツがトレードで獲得した指名権です。
カイル・クーズマとジェラミ・グラントのトレードの噂を検証してみた
カイル・クーズマとジェラミ・グラントのトレードの噂をサラリーと今シーズンのスタッツを添えてどちらが得か検証してみました。
モントレズ・ハレルの移籍先候補とは?
モントレズ・ハレルはレイカーズから出て移籍先を探すことが濃厚なようです。噂ではホーネッツ、キングス、マジック、スパーズあたりが獲得候補になるのでは?と言われています。
ウェストブルックのレイカーズトレードの噂を深掘り
ウェストブルックがレイカーズにトレードされるというブリーチャーリポートの記事をトレード成立後のサラリー計算を加えて深掘りしてみました。
コリン・セクストンのトレード先候補
キャブスのセクストンはこのオフにトレード候補になるものと見られています。獲得候補にはレイカーズ、セルティックス、ニックスの名前が確認できます。
Amazon.co.jp: Cleveland Cavaliers クリーブランド・キャバリアーズ 公式 キャンバストートバッグ Mサイズ NBA31989 : ホーム&キッチン
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、Cleveland Cavaliers クリーブランド・キャバリアーズ 公式 キャンバストートバッグ Mサイズ NBA31989を ホーム&キッチンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

好きなお菓子の紹介とたまーにブログランキングへの投票をお願い致します。



NBAランキング

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました