ウィザーズのマイルズ・ターナー獲得案とは?

NBA
出典:GETTYIMAGES

まだシーズン中ですがオフシーズンにウィザーズがペイサーズのマイルズ・ターナーをトレードで狙うべきという記事を見つけたので今回取り上げることにしました。

fadeawayworld.netによると、ウィザーズがターナーを獲得するためにはベルターンスとアブディアと将来の指名権のパッケージが必要とのことです。

出典:fadeawayworld.net

  • ウィザーズ獲得:マイルズ・ターナー
  • ペイサーズ獲得:ダービス・ベルターンス、デニ・アブディア、将来の1巡目指名権

出典:HOOPSHYPE

出典:HOOPSHYPE

今回は残りのサラリーも入れてみました。恐らくターナーは今シーズンにオールディフェンシブチームに選ばれるはずなので、トレードで獲得するのはそれなりに良いカードを切らないといけないと思います。

ターナーのトレードの噂はざっと確認できるだけでもニックス、セルティックス、マブス、ホーネッツなどがターゲットにしているといいます。ついでにどんなトレードパッケージがあるのか確認してみましょう。

ニックスのトレード案
  • ニックス獲得:マイルズ・ターナー
  • ペイサーズ獲得:ミッチェル・ロビンソン、オビ・トッピン、2021年1巡目指名権(マーベリックス経由)
セルティックスのトレード案
  • セルティックス獲得:マイルズ・ターナー
  • ペイサーズ獲得:トリスタン・トンプソン、ロメオ・ラングフォード、グラント・ウィリアムズ、将来の1巡目指名権
マーベリックスのトレード案
  • マーベリックス獲得:マイルズ・ターナー、ジェレミー・ラム、2022年1巡目指名権、2024年2巡目指名権
  • ペイサーズ獲得:クリスタプス・ポルジンギス
ホーネッツのトレード案
  • ホーネッツ獲得:マイルズ・ターナー
  • ペイサーズ獲得:PJ・ワシントン、コディ・マーティン、2021年1巡目位指名権

個人的にマブスのトレード案以外はどれも悪くない気がします。この中ならウィザーズのパッケージが一番良いのではないでしょうか。

理由は1巡目指名権の順位です。tankathon.comで2021年の1巡目指名権の順位を確認したところ、暫定ではありますが、ウィザーズが10位、ニックス18位、セルティックス16位、ホーネッツ15位と、ウィザーズが一番高い順位だったからです。

他にもアブディアの将来性とベルターンスの短時間で結果を残す使い勝手の良さも魅力です。という訳で今回はやはりウィザーズとのトレードを深掘りしていきます。

個人スタッツ比較

出典:NBA.com

出典:NBA.com

上がターナー、下がベルターンスとアブディアの今シーズンの個人スタッツです。ターナーのブロックは脅威ですし、ベルターンスのスリーポイント成功率は高水準です。アブディアはスタッツに表れないプレイメイキング能力やディフェンスが魅力な選手です。

ターナーのディフェンススタッツについて

出典:NBA.com

NBA.comでターナーのディフェンスやチームへの貢献度を表わすスタッツを調べてみました。ブロックがリーグ1位なのはわかりやすいですが、ブロックしていなくても相手のシュートを落とさせたという切り口でもリーグ4位のエリートディフェンダーであることがわかりました。

ちなみに『CONTESTED2PTSHOTS』の1位はブルック・ロペスの13.4、2位はルディ・ゴベア12.1、3位ヤコブ・ポートル11.4に次いでターナーは4位でした。素晴らしいですね。

ウィザーズのリム周りの被シュート成功率について

出典:NBA.com

※5FTは1.524メートル、9FTは2.74メートル

ウィザーズは5フィート未満、つまりリム周りのディフェンスに難があることがわかります。この弱点をターナーを獲得することで補完したいということでしょう。納得です。

続いてはウィザーズの来シーズンのロスターにターナーが加わって、ベルターンスとアブディアが抜けた場合のチームサラリーを確認してみます。

ターナー獲得、ベルターンス、アブディア放出後のチームサラリー

出典:HOOPSHYPE

ウェストブルックとビール、ターナーが加わると確かに強くなった印象ではありますが、こうして見るとロスターがスカスカになってしまいますね。

ロビン・ロペス、アレックス・レン、ラウル・ネト、イシュ・スミスなどの契約も今シーズン限りなので来シーズン残るかどうかわかりません。これはなかなか大変です。

それでもギャホードのように突然覚醒したかのような掘り出し物に出会えたことは嬉しい誤算でした。

そろそろまとめに入ろうと思いますが、マイルズ・ターナーをトレードで獲得するのはかなり難しいと思います。そもそもペイサーズと契約延長する可能性が一番高いですし、仮にトレードするにしてもかなりの見返りを求められるはずです。

今のところこのウィザーズのパッケージが一番良いかな?といった印象です。皆さんはどう思いますか?

今回はこれで終わりにします。最後まで読んでくださってありがとうございました。

2020/21シーズントレード・FA情報まとめ 
2020/21シーズンに起きたトレード・FA情報をまとめていこうと思います。最終更新2021年5月14日※ツイッターを添付していましたが重たくなってきたので削除しました。

ブログを書くときに参考にしている本や単純に好きなもののリストです。興味がある方は覗いてみてください。↓

Amazonほしい物リストを一緒に編集しましょう
Amazon.co.jp: マンガ大賞: 本
本 の優れたセレクションからオンラインショッピング。


NBAランキング

 

コメント

  1. […] […]

Translate »
タイトルとURLをコピーしました