ハリソン・バーンズを狙うセルティックス

NBA

今回はセルティックスのトレードの噂を追っていこうと思います。今シーズンのセルティックスは、ゴードン・ヘイワードをホーネッツにトレードした際に得た、2,850万ドルを自由に使える状況にあります。

Three players Celtics should target with .5M trade exception
One way or another, Boston needs to make a move in the near future to legitimately compete for the Eastern Conference crown.

そのためトレードデッドラインまでに何かしら動くと見られ、現在獲得候補に名前が挙がっているのが、ロケッツのP・J・タッカー、ビクター・オラディポ、マジックのアーロン・ゴードン、キングスのハリソン・バーンズ、バディ・ヒールドです。

今回はその中でキングスのハリソン・バーンズに照準を合わせて、セルティックスがバーンズを狙う理由やその際のトレードパッケージの噂を検証していきたいと思います。

セルティックスがバーンズを狙う理由

セルティックスのエインジGMがいまセルティックスが欲しているものは、「サイズのあるシューター」と地元のラジオ番組で語ったようで、バーンズはその条件に適合します。

バーンズの身長は206㎝のため、サイズの面の条件をクリアしているだけでなく、スリーポイントも41%の確率で決めています。

Harrison Barnes
Harrison Barnes Official NBA Stats, Player Logs, Boxscores, Shotcharts and Videos

今シーズンのセルティックスはスリーポイント成功率では38.1%でリーグ9位のまずまずの位置にいますが、3PTAでは32.5%でリーグ22位とやや苦戦しています。

バーンズは1試合平均で1.8/4.4本(3PTM/3PTA)の41%のスタッツを残しているので、エインジGMの言う、「サイズのあるシューター」の条件を満たしています。

セルティックスがゴードン・ヘイワードの代わりを欲している

今シーズンのセルティックスがいまいち乗り切れないチーム状況にあるのが、ケンバ・ウォーカーがケガで出遅れたことや、今も本調子でないこと。

また、昨シーズンのゴードン・ヘイワードのような選手がいないことも影響しているようです。昨シーズンのヘイワードは、決して目立った活躍をしていた印象はありませんでしたが、チームのつなぎ役、潤滑油的な役割でチームに貢献していました。

今シーズンのバーンズは、アシストをキャリア最高の1試合平均3.5本のスタッツを残しており、そういった側面で昨シーズンのゴードン・ヘイワードのような働きをチームにもたらしてくれそうです。

では実際にキングスがバーンズをトレードするのか?その条件を追っていきます。

キングスがプレーオフをあきらめて再建モードを目指す条件

キングスがバーンズを手放す条件は、

  1. キングスが今シーズンのプレーオフを諦めた場合
  2. チームの将来の構想からバーンズが外れた場合
  3. バーンズがチームに不満を持っている場合などが考えられます。

その他にも魅力的なトレードパッケージを提示された場合もその対象になります。

トレードパッケージ2案

『hardwoodhoudini.com』にトレード案が2つ出ていました。

  • セルティックス獲得:ハリソン・バーンズ
  • キングス獲得:2021年1巡目指名権、2021年2巡目指名権、2022年2巡目指名権

1つ目は指名権3本でバーンズを得るというものです。これを行なうキングスのメリットはバーンズの残り3年のサラリーを放出すること、将来の補強に充てることです。

続いて2つ目のトレード案、これは実現しなさそうですが一応紹介します。

  • セルティックス獲得:ハリソン・バーンズ、ウィリー・コリースタイン、タイリース・ハリバートン
  • キングス獲得:クリスタプス・ポルジンギス、ウェス・アワンドゥ、2021年1巡目指名権(ボストン)、2023年1巡目指名権(ボストン)、2025年1巡目指名権(ダラス)
  • マーベリックス獲得:ケンバ・ウォーカー、マービン・バグリーⅢ世

これはセルティックス寄りの人が提案したものなので偏りがあるように思います。マブスが一番損をしている印象を受けます。

まとめ

ここまでセルティックスのハリソン・バーンズ獲得に関する噂を追ってきましたが、エインジGMがラジオで語った「サイズのあるシューター」という表現にバーンズが適していることは理解できます。ただしキングスからバーンズを獲得するには、それに見合ったパッケージを用意しなければ難しいのではないでしょうか。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございます。参考にしたサイトや関連するブログのリンクを貼っておきますので、興味のある方はご覧ください。

Boston Celtics: 2 potential Harrison Barnes trade packages
The news cycle over the past few days has been dominated by the possibility--if not the downright reality--that the Boston Celtics were on the verge of mak...
キングスのタイリース・ハリバートンに注目
2020/21シーズン注目ルーキーの1人、タイリース・ハリバートンは新人王になれるか。
2020/21キングス最新ロスターまとめ
最新のキングスのロスターとチームサラリーをまとめてみました。新しい情報が入り次第、随時更新していきます。
2020/21セルティックス最新ロスターまとめ
最新のセルティックスのロスターとチームサラリーをまとめてみました。新しい情報が入り次第、随時更新していきます。
Amazon.co.jp : NBA


NBAランキング

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました