NBA2019‐2020シーズン再開後の流れと日程について

NBAは7月31日から2019‐2020シーズン再開が決まりましたが、プレイを再開するチームをプレイオフ出場の可能性のある22チームに限定しています。今回はそのフォーマットの仕組みと日程について時系列でまとめてみようと思います。

シーズン再開後のフォーマットについて

まず開催地は、フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート。この決定によってホームコートアドバンテージがなくなりました。レギュラーシーズンで上位に着けていたチームにとっては不運です。次にプレイを再開する22チームプレイオフ出場圏内の16チーム(各カンファレンス8チームずつ)と、両カンファレンスの8位と6ゲーム差以内に位置する6チームです。

シーズン再開後の22チームは?

イースタンカンファレンスはミルウォーキーバックス、トロントラプターズ、ボストンセルティックス、マイアミヒート、インディアナペイサーズ、フィラデルフィア76ers、ブルックリンネッツ、オーランドマジック、そしてプレイオフ圏外のワシントンウィザーズを含む9チーム

出典:NBAJAPAN

ウェスタンカンファレンスはロサンゼルスレイカーズ、ロサンゼルスクリッパーズ、デンバーナゲッツ、ユタジャズ、オクラホマシティサンダー、ヒューストンロケッツ、ダラスマーベリックス、メンフィスグリズリーズ、ここからはプレイオフ圏外であるポートランドトレイルブレイザーズニューオリンズペリカンズサクラメントキングスサンアントニオスパーズフェニックスサンズの13チーム

出典:NBAJAPAN

イースタンカンファレンス9チーム、ウェスタンカンファレンス13チームで合計22チーム。ウェスタンカンファレンスの方が6ゲーム差以内のチームが多かったので参加チームが多くなったということですね。シーズンが再開すると順位決定戦8試合を行なって、順位確定後は従来通りの7試合制からなるプレイオフが行われるそうです。プレイオフが短縮されるのではないかと心配していましたが従来通り行われるようで安心しました。

シーズン終了から2020‐2021シーズン開始までの日程について

ファイナルは10月12日(日本時間13日で終了し、2020年ドラフトロッタリーは8月25日(日本時間26日)、2020 NBAドラフトは10月15日(日本時間16日)に開催、2020-21シーズンのNBAレギュラーシーズンは2020年12月1日(同2日)に開幕予定だそうです。

※出典: 原文: Everything you need to know about the 2019-20 NBA season restart by NBA.com​

今回の決定への個人的な感想

本当は従来通りのフォーマットでのレギュラーシーズンを最後まで観たかったのですが、最後までシーズンが観られることがとにかく嬉しいです。また今回のフォーマットを前向きに捉えると、いつもレギュラーシーズンの最後になるとプレーオフ進出がなくなったチームや順位による変動がなくなったチームの試合が消化試合になってしまうということが度々ありましたが、今回のフォーマットなら緊張感のある試合がより多く観られる可能性が高くなりました。

次に、シーズンが中断している間にケガが回復した選手を観られること。これも嬉しい展開ですね。しかし、ケガ人が多発していたクリッパーズのようなチームは万全の態勢で再開を迎える一方で、ジャズのボグダノビッチやスパーズのオルドリッジのようにシーズン中断中に手術を行なって今シーズンを終えた選手もいます。タラレバを言い出すとキリがないですが、各チームが完全な状態で試合を迎えることは非常に難しいのでここは割り切りたいと思います。

今後誰もコロナウィルスに感染することなく、無事にシーズン再開を迎えてほしいです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました