スパーズの2020年ドラフト予想順位と指名選手とは

NBA

今回も『Forbes』のRob Wolkenbrod 氏の4月28日、29日に発表した記事を参考にブログを書いていきます。この記事はスパーズがプレーオフに進めないことが前提になっています。

スパーズの2020年モックドラフトの予想順位は11位の確率が一番高く、プレーオフ常連のスパーズにとっては極めて高い順位での指名になります。

出典:tankathon

スパーズが1位を引き当てる確率は2%しかないので、このオッズを見る限りでは11位の77.6%か12位の12.6%になる確率が一番高いです。ただし、昨年のペリカンズのように6%の確率で1位のザイオンを当てるなんてこともあるので、何が起こるか分かりません。

11位指名予想はデヴィン・ヴァッセル(SG/SF)

フロリダ州立大2年のヴァッセルは201㎝、88㎏の3&Ⅾタイプの選手で、ウィングスパンの長さ(6’9″、205.7cm)を活かした高い守備能力とシュート力が売りにしています。2年目のスタッツではFG47.5%, 3PFG41.7%, FT72.0%で、フリースローがやや低いものの、複数のポジションを守ることができてスリーポイントが上手い選手は今のNBAでも貴重な存在なので11位に残っていたら是非指名してほしい選手です。

続いて41位のキリアン・ティリー(PF)

フランス出身のゴンザカ大の4年のキリアン・ティリーは、208㎝、100㎏のパワーフォワードで八村塁選手の元チームメイトです。今シーズンのゴンザガ大学では24試合に出場で平均得点13.6、リバウンド、アシスト1.9、ブロック0.8、スティール1.0、FG成功率53.5%、3P成功率40.0%、FT成功率70.2%を記録し、6試合で20得点以上を挙げています。スリーポイントは1試合当たり3.8本打って40%なので悪くない成功率だと思います。動画を観ても機動力があって、利他的で好印象です。スパーズが好んで指名しそうな選手です。

まとめ

・スパーズの2020年1巡目指名予想は11位のデヴィン・ヴァッセル(SG/SF)

・2巡目の予想はキリアン・ティリー(PF)

このブログを書くのに参考にしたサイトのリンクです。よかったらどうぞ。↓

Tankathon | 2021 NBA Draft Order & Lottery Simulator
2021 NBA Draft order tracker updated after every game. Lottery simulator, mock draft, draft pick power rankings, team pages, and Tank Rank scores for games.
San Antonio Spurs, Bound For 2020 NBA Draft Lottery, Eye Their Next Franchise-Changer
The San Antonio Spurs will head back to the NBA Draft, looking for that next game-changing talent.

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました