ブリーチャーリポート記者のオフシーズンのトレード案その1

シーズン再開までまだ時間があるせいか色々な記事が出ています。その中で興味深かったのが6月23日にブリーチャーリポートのグレッグ・スワーツ氏が配信したオフシーズンのトレード案の記事を紹介します。

1.ホーネッツとホークスのトレード案

ホーネッツ獲得:ドウェイン・デッドモン2年$26.6M、ブランドン・グッドウィン1年$1.7M、2020年2巡目指名権

ホークス獲得:テリー・ロジアー2年$36.8M

記事によると、ホークスがジェフ・ティーグと再契約しなかった場合はテリー・ロジアーをトレイ・ヤングのバックアップPGとして起用することを指摘しています。2019/20シーズンのロジアーのスタッツは得点16.5ポイント、5.3リバウンド、5.7アシストで、バックアップにするにはもったいないくらいですが、ホーネッツはデボンテ・グラハムがポイントガードとして台頭してきているため、ロジアーのポジションが若干怪しくなってきているのでこの際放出してしまおうという意見のようです。

またホーネッツはロジアーを放出する代わりに、グッドウィンを獲得すればグラハムのバックアップポイントガードにすることができる。デッドモンの契約も最終年は$10Mが部分保証になっているそうで、このトレードが成立すればチームサラリーを$17M(1700万ドル)ほどの節約できる。

ホークスでバックアップポイントガードになるロジアーが気の毒ですが理にかなったトレード案だと思います。ビジネスだから仕方ないですね。

2.ホーネッツと76ERSのトレード案

続いてホーネッツの2つ目のトレード案です。

ホーネッツ獲得:アル・ホーフォード3年$81M(8100万ドル)、ザイール・スミス3年15M(1500万ドル)、2020年1巡目指名権(サンダー経由)

76ers獲得:テリー・ロジアー2年$36.8M、コリー・ゼラー1年$15.4M

またロジアー絡みのトレード案です。ホーネッツはホーフォードでインサイドの強化、2018年ドラフト16位のスミスはまだ21歳と若く、シューティングガードとして今後も成長が期待できます。しかし2人の契約を受け取ると$96M(9600万ドル)になるため、チームサラリーに余裕があるホーネッツとはいえ、ドラフト1巡目指名権がもらえなければ成立しないだろうなというトレード案です。

対して76ers視点でみると、ロジアーをシモンズのバックアップにでき、ホーフォードの代わりにゼラーを獲得することで、チームに不満があると噂されているホーフォードを放出しつつ、課題だったスペースを広げるアウトサイドシュートのあるロジアーの獲得と、何よりホーフォードのサラリー分を大幅にカットできるのでラグジュアリータックスを支払わなくてすむまでもう少しになります。

76ersの2020/21シーズンのチームサラリー$147,170,412

このトレードが成立した場合のチームサラリー$135,365,947 ※2020/21シーズンのタックスレベル$132,627,000

76ersは$2.73Mほどカットすればラグジュアリータックスを支払わなくて済むので、多少不利なトレードでもホーフォードを出したいはずです。優勝も狙えるロスターを維持しつつサラリーを下げなければならない過酷な台所事情ですね。サラリーキャップについてはリンクを貼っておきます。↓

2019-20シーズンのサラリーキャップが決定
2019-20シーズンのサラリーキャップは1億914万ドル、ラグジュアリータックスが科せられる来季のタックスレベルは1億3262万7000ドルに決定した。

3.ネッツとスパーズのトレード案

ネッツ獲得:デマー・デローザン1年$27.7M

スパーズ獲得:キャリス・ルバート3年$33.7M、スペンサー・ディンウィディー2年$23.7M

このトレードもよく噂に挙がっているものですが、ネッツにデローザンが加わると、アービング、デュラント、デローザンのなかなか強力なBIG3が誕生します。デローザンはスパーズに移ってからはアシスト能力も向上していることから、無理に自分が得点しなくても得点力のあるデュラントやアービングにパスを供給できるのでフィットしそうなトレード案です。苦手なスリーポイントもラプターズ時代に1試合平均で3.6本打っていたこともあるので、アービングやデュラントがディフェンスを引き付けてくれさえすれば決められるはずです。

一方スパーズは、デローザンに無償で出て行かれるよりはルバート、ディンウィディーという得点力のある選手を2人も獲得できて良いトレードだと思います。問題はデジャンテ・マレーとデリック・ホワイトとディンウィディーとの起用法です。残念ですが実力的にフォーブスは控えにまわるか放出リストに加わることにあると思います。デローザンのドライブからの得点やパスアウトがなくなる代わりに、スリーポイントを打てる選手が増えてバランスがよくなりそうです。これも成立すれば両チームにとっても良いトレードになるのではないでしょうか。

まとめ

というわけで今回はブリーチャーリポートのトレード案3件を検証してみました。元の記事のリンク先を貼っておきます。↓

1 Offseason Trade Every NBA Team Should Consider
With an NBA offseason now set for the fall, teams should still be quite active in the trade market while preparing for the 2020-21 season. From small adjust...
 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました