ブルックリンネッツのヘッドコーチは誰になるのか?

NBA

ネッツのケニー・アトキンソンヘッドコーチが3月7日に退任したことによって、現在はアシスタントコーチだったジャック・ボーンが暫定HCとして指揮を執っています。ジャック・ボーンが来シーズンのヘッドコーチになるかはまだ分かりませんが、ブリーチャーレポートのティム・ダニエルズ氏によると、ジャック・ボーンとネッツとの関係は良好な様子で、来期以降もチームに残る可能性が高いようです。

出典:HOOPSHYPE

ネッツの現ゼネラルマネージャーであるショーン・マークスはスパーズで2005年に選手として優勝、アシスタントコーチとして2014年にも優勝している人物で、ジャック・ボーンもスパーズで2007年に選手として優勝、同チームでアシスタントコーチやスカウトを務めた人物です。つまり2人はもともとスパーズという環境で仕事をしたことのある、言わばポポビッチファミリーです。仕事をする上でバックボーンが同じということはお互いにとって信頼するに値するのでしょう。それにしてもスパーズという組織はどれだけ指導者を生み出すのでしょうか。

アトキンソンが退任してからは次期ヘッドコーチに誰がなるのか、色々な名前が挙がっています。筆頭候補はタロン・ルーです。ルーは現在クリッパーズのアシスタントコーチを務めていますが、ネッツのヘッドコーチになれば再びアービングを指導することになります。アービングもルーをヘッドコーチに望んでいると報じられています。他にも候補としてジェイソン・キッドやマーク・ジャクソン、ジェフ・ヴァン・ガンディなどの名前が挙げっていますが、タロン・ルーがヘッドコーチになるのでは?と思っています。それだけアービングのチームに対する影響力が強い気がするからです。ネッツとしてはアービングとデュラントにチームの将来を託しているので、アービングがルーをヘッドコーチに望んでいるとしたらこの話は一気に決まる気がします。

以上、ジャック・ボーンがネッツに残るだろうという記事から、次のヘッドコーチをタロン・ルーと予想してみました。皆さんはどう思われますか?

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました